Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

大気不安定 関東甲信 6日午後は激しい雷雨のおそれ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ウェザーマップ

 関東甲信地方では、きょう6日(土)の昼過ぎから夜遅くにかけて、局地的に雷を伴った激しい雨が降り、大雨となるおそれがある。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に注意・警戒し、落雷、突風、降ひょうにも注意が必要だ。

気温上昇と上空の寒気 大気の状態が不安定に

 関東甲信は、湿った空気が流れ込んでいて、気温もぐんぐん上昇している。一方で、上空にはやや強い寒気が流れ込むことから、午後は大気の状態が不安定になる見込み。  関東甲信では、きょうの昼過ぎから夜遅くにかけて、雷を伴った1時間に30ミリ以上の激しい雨が降り、大雨となる所があるとみられる。  雨雲が現在の予想以上に発達したり、停滞した場合は、警報級の大雨となる可能性がある。

1時間に30~50ミリの激しい雨のおそれ

 きょう6日に予想される1時間降水量は、いずれも多い所で、関東で50ミリ、甲信で30ミリとなっている。  また、あす7日正午までに予想される24時間降水量は、いずれも多い所で、関東で100ミリ、甲信80ミリの予想だ。  土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に注意・警戒が必要で、落雷、突風、降ひょうのおそれもある。農作物や農業施設の管理にも注意したい。 (追記:13:42発表の気象庁情報をもとに予想降水量を更新しました)

【関連記事】