Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

FAKY・Hina&Novel Core、七夕にコラボ曲リリース「すごく特別な曲」 MVはヒゲダン「Pretender」の新保監督

配信

オリコン

 テレビ&ビデオエンターテインメントABEMAで放送された恋愛リアリティーショー『月とオオカミちゃんには騙されない』に出演し、カップルとなったHina(FAKY)とHIPHOPアーティストのNovel Core。7日、2人がコラボレーションした新曲「half-moon feat. Novel Core」のミュージックビデオ(MV)が公開され、配信もスタートした。 【動画】FAKY「half-moon feat. Novel Core」  「オオカミ」シリーズ共演者のアーティスト同士がコラボレーションし、楽曲をリリースするのは今回が初。BTS「Lights」などを手掛け、今回楽曲を制作したUTAは「これまでにFAKYが表現してきたサウンドにも違和感を感じさせず、それでいて普遍的なよさを持ち合わせたミッドバラード楽曲を目指し制作しました。メロディのレンジが結構広く、難しいラインもたくさんあったのにも関わらず、それを素晴らしく表現してくれたメンバーの皆さん、コアさんに感謝です。この曲を通じてFAKYのファンの皆さんにとっても大切な1曲になってくれたらとてもうれしいです」とコメントした。  MVを手掛けたのはOfficial髭男dismの「Pretender」をディレクションした新保拓人監督。パラレルワールドに存在する会いたいけど会えない2人の物語を現代版の織姫と彦星として幻想的に描いている。新保監督は「Hinaちゃんとは気づけば3本目の撮影でした。最初はFAKYに入った直後で、それから会う度にどんどん成長する彼女を見てました。この数ヶ月で彼女の環境も心境も目まぐるしく変わって多くの葛藤があったと思います。撮影前に2人で話してその葛藤を表現してほしいと伝えました。コアくんとは初めましてでしたが、とてもナイスガイで、リリックでもムーブでも自分を表現するのがうまくて最高でした」と撮影を振り返る。  そして「ビデオは、ヒナちゃんとコアくんからもらった曲の想いを元に、時間が止まったような4~5月のことを思い出してアイデアを出しました。会いたくても会えない、触れたくても触れられない、まるで周りとは別の世界にいるような感覚を2人に投影しながら表現しました。FAKYらしいかっこよさを残しながらも、はかなさやロマンチックな要素を強く出そうと意識しました。かっこよくてロマンチックなビデオを楽しんでください!」と呼びかけた。  Hinaは「初めて自分の経験を元にした楽曲である『half-moon』は、オリジナルもフィーチャリングも両方メンバーや制作に携わってくださった皆さんの力がなければ完成しなかった作品です」と感慨深げ。「このように曲や映像としてみんなでひとつの形に残せた事が本当にうれしいし、これからも自分にとってはすごく特別な曲です。皆さんにとってもそんな曲になることを祈っています!」と思いを伝える。  Novel Coreは「オオカミちゃんの3ヶ月間、本当にあっという間で、夢だったんじゃないかと思ってしまうくらい不思議な時間だったんですが、その時間が本物で、とてもすてきな時間だったんだと再確認できる曲になったと思っています。既発の楽曲に参加し、世界観は守りつつ新しいものにしていくというのも初めての経験で、制作中にHinaはもちろん、FAKYの皆さんとも深く交流出来たのがとてもうれしかったです!」と制作を語る。続けて「MVも僕とHinaが今感じているさまざまな思いを、映像という形でしっかり表現できたと思っています。オオカミちゃんの3ヶ月間から一歩進んだ新しい時間軸の中で、Hinaやオオカミメンバーの皆とまた新しいすてきな時間を過ごせますように、と七夕の短冊に書くつもりで撮影しました!(笑)。歌詞、音、映像、全てこだわり抜きましたので、何度でも繰り返し楽しんでいただけたらうれしいです」と話していた。  FAKY(フェイキー)はMikako、Taki、Hina、Akina、Lil’Fangからなるガールズユニオン。Hinaは、モデルや女優としても活躍する。Novel Core(ノーベル・コア)は1stアルバム『WCMTW』で注目を集めたHIPHOPアーティスト。新曲は、2月にリリースされたFAKYの「half-moon」に、Novel Coreがフィーチャリングで参加した「half-moon feat. Novel Core」で、七夕の7月7日にリリースした。

【関連記事】