Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ポテサラ論争を聞いて「日本人らしい」と苦笑するタイ人女性たち

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
マネーポストWEB

 母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ――。いわゆる“ポテサラ論争”がネット上で大きな話題となった。惣菜コーナーで子ども連れの女性が、高齢男性から「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」と言われる現場に居合わせたというTwitterへの投稿がきっかけだった。 【写真】ポテトサラダを作るにあたって必要となる材料

 7月8日に投稿されて以来、世代差や男女問題、育児や母親への無理解、ポテサラは簡単な料理なのかなど、さまざまな視点から論争が巻き起こっているが、こうした“ポテサラ論争”を語るなかで、日本特有の価値観は無視できない。海外ではこの論争をどう見ているのだろうか。

 日本文化に一定の理解がある親日国でありながら、日本とは反対に自炊より外食や屋台で済ませることが多いタイで、ポテサラ論争についてどう思うか、話を聞いた。

日本人は「お金で楽を買う」ことをタブー視?

 日系企業に勤務する30代のタイ人女性・Aさんは、日本に在住経験がある。日本人の価値観も知っているだけに、「作れる人が作ればいい話では」と笑ってしまうという。

「なぜ、日本人はいつも苦労しないと“人間扱い”されないのか、本当に理解できません。この問題のみならず、日本人は努力と苦労を混同している部分もあるように思います。努力はすべきだと思いますが、あえて苦労をする必要はない。作れる余裕がある人が作ればいいし、それは母親や女性に強要されるものではないと思います」(Aさん)

 そのうえでAさんは、「お金で楽を買う」ことを「罪」と捉えがちな日本人特有の価値観があるのではないか、と指摘する。

「お金の話や、楽をすることをタブー視する日本人ならではですよね。楽をお金で買って、何がいけないのか。対価として時間が有意義に使えますよね。子どもともっと遊んだり、家族との愛情も育むことができます。手間をかけることが子どもに対する愛情のあらわれ、と男性が思うのは勝手ですが、それだけが愛情ではないはずです。私は手作りかどうかにこだわるよりも、一緒に食べる時間を増やし、コミュニケーションを図ることを意識したいです」(Aさん)

【関連記事】