Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

新潟アルビレックスBB、納見悠仁が挑むルーキーシーズン「経験を積むだけではダメ、勝ちに行くことが大事」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
バスケット・カウント

「2番から入るのではなくて、1番を軸にしたい」

文=佐保めぐみ 写真=B.LEAGUE 今年の3月に青山学院大を卒業した納見悠仁は、今夏に新潟アルビレックスBBとのプロ契約を結んだ。昨シーズンは特別指定選手として島根スサノオマジックでプレーしたが、プロ選手となったことでバスケに向き合う姿勢は自ずと変わりつつある。強豪クラブが集う東地区での戦いに向け、「代表選手とマッチアップしたい」と自信をのぞかせる。そんな納見に新潟入団の経緯や新シーズンの意気込みを聞いた。 ──チームに合流してみて、感触はどうですか?  島根ではシーズン途中の合流で、最初からチームに入るのは初めてなので新鮮です。新潟は知っている選手や若い選手も多いし、あと島根の先輩である(佐藤)公威さんもいるのでやりやすいです。 ──昨シーズンは島根で11試合に出場しました。初めてBリーグを経験して感じたことを教えてください。 大学に比べてサイズがある選手が多いし外国籍選手も2人いるので、コート上の圧迫感を結構感じましたね。プレッシャーや駆け引きの上手さは、大学とは全くレベルが違うと思いました。ディフェンスや審判との駆け引きも難しいです。それでも、やれるところも見つけられました。具体的にはピック&ロールのところ、ペネトレイトしてのキックアウトやシュートの部分は結構できたので、そこは自信を持つことができました。 ──今回、プロ契約を結ぶにあたって新潟を選んだ理由を教えてください。 島根では2番で出ることが多かったのですが、僕はポイントガードとしてやっていくことを目指しています。ちょうど新潟も『2番をやってボール運びもできます』という選手ではなく、『1番でしっかりコントロールできて、2番や2ガードで出た時も仕事ができる選手』を探していたみたいで。僕のプレースタイルとも合っているし、1番を軸としてプレーしながらも2番もできるのが僕の選手像でもあるので、そこが上手くハマりました。 ──ポイントガードへの気持ちが強いのですね。 そうですね。最初はポイントガードとしての経験を積んで、プレーの幅やいろいろな考え方を学びたいので。ただ、もともとは2番をやっていたので2ガードの時はゲームをかき回すこともできるし、シュートは得意なので、そういった面は2番で出た時に生かせたらと思います。それでも2番から入るのではなくて、1番を軸にしたい考えが強かったです。ポイントガードはボールを持っている時間が長くなるので、周りを使ったりして攻めやすい部分があります。特に大学4年生の時には自分でクリエイトして結構行けたし、ポイントガードだと攻めるところでより攻められて、なおかつ周りも生かすことができます。

【関連記事】