Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

性教育、どうして男女はすれ違ってしまうのか。 『おうち性教育はじめます』の著者と考える

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ハフポスト日本版

親子で性を学ぶ性教育のコミックエッセイが「すべてのおとなに読んでほしい本」などとSNSで話題を集めている。『おうち性教育はじめます 一番やさしい!防犯・SEX・命の伝え方』(KADOKAWA)だ。 同書は、子どもの性教育に親をはじめとする大人たちが取り組むためのハウツーをまとめたコミックエッセイ。月経、射精、性交、マスターベーションといった生殖にまつわるトピックのみならず、子どもが正しく自分の性を肯定するために必要な知識とコミュニケーションについても、わかりやすく説明されている。 ただ性教育には、ある大きな意識の差が夫婦間で生まれがちだという。 「自然とどうにかなるものだから」 「小さい頃から性教育なんて必要ない」 母親が子どもへの性教育に取り組もうとすると、とくに父親が及び腰な拒否反応を示すことが多いのだ。「性教育」を前に、どうして男女はすれ違ってしまうのか。 同書の著者であるマンガ家・イラストレーターで2児の母でもあるフクチマミさんと、長年、日本の性教育に携わってきた村瀬幸浩さんの2人に話を聞いた。

<プロフィール> フクチマミ 「わかりにくいことを、わかりやすく」をモットーに、日常にひそむ実は難しいことについてのコミックエッセイを多数刊行。著書に「おうち性教育はじめます」(村瀬幸浩との共著、KADOKAWA)、「マンガで読む 子育てのお金まるっとBOOK」(監修・大竹のり子、新潮社)など。 村瀬幸浩 東京教育大学(現筑波大)卒業後、私立和光高等学校保健体育科教諭として25年間勤務。この間、総合学習として「人間と性」を担当。同校を退職後、25年にわたり一橋大学、津田塾大学等でセクソロジーを講義した。現在一般社団法人“人間と性”教育研究協議会会員、同会編集による『季刊セクシュアリティ』誌編集委員、日本思春期学会名誉会員。

性教育を理解できないように育ってきた男性たち

――『おうち性教育はじめます』では、「自然とどうにかなるものだから」「性教育なんかしたら子どもがおかしくなる」と、性教育を避けようとする夫たちの姿が紹介されていました。 フクチ:本書の読者は子育て世代が多数で、「夫婦で、あるいはシングル家庭で(性教育に)取り組む方法がわかってよかった」という反響がたくさん寄せられました。 ただ一方で、「共有したくても夫が読んでくれなかった」という意見も少なくありませんでした。 村瀬:私は26年間、津田塾大学と一橋大学で「ヒューマンセクソロジー」という授業をしてきましたが、男子学生が圧倒的に多い一橋大学でも、その受講生は大半が女子学生でした。講演会やPTAの集まりなどでも、今も昔も聴衆はほとんどが女性です。 私が所属する性教育の研究団体で、昔、印象的なエピソードがありました。熱心に性教育を勉強していたある女性教師が、「夫が反対するから、もう勉強するのを辞めたい」と言うのです。 夫には、妻の行動が不可解だった。平日の夜、または長期休暇中にわざわざセミナーに出かけていって性の勉強をするなんて、わいせつな団体にだまされているのではないか、と。研究会の会場までついてきて、終わるまで外で待っていたことも。「入ってもらったら」と言っても、一度も入ってきたことはありませんでした。 フクチ:男性はことに、「性教育=セックス」というイメージが強いようですね。周囲の男性に聞くと、「自分の個人的な嗜好や経験について家族に知られるのが恥ずかしい」と話す人もいました。 ある男性は、「男性には征服欲、支配欲のようなものがあって、女性にマウントを取りたい気持ちがある。だから、性に関して無知でいてほしいと思ってしまっているのかも……」と、正直な気持ちを打ち明けてくれました。 村瀬:女性が性の知識をつけることで、自分との関係がうまくいかなくなってしまうのではと恐れているんだよね。 でも、そう考える理由は、男性がただ無知で無理解だからというわけじゃない。性を学びたいという女性の心理を理解したくないのでもない。彼らは、それを理解できないように育てられてきてしまったんです。

【関連記事】