Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

同棲カップルのテレワーク問題「カフェで仕事してます、外出自粛なのに…」

配信

女子SPA!

 新型コロナウイルスの感染拡大防止の影響により全国的に外出自粛要請が出て約1ヶ月。在宅で仕事を行うテレワークを導入する企業も増え続けているといいます。  家庭持ちや1人暮らしの人であれば、在宅勤務でも受け入れやすいとは思いますが、中には同棲カップルでテレワークになってしまい悲鳴を上げている……という人もいるようです。  今回、話を聞いたのは「同棲している彼がテレワークになってしまい、毎日が苦痛」と肩を落とす、神奈川県在住の相原美雨さん(仮名・27歳)。このコロナ禍の中、テレワークでも受け入れるしかなさそうではありますが……一体何どういうことなのでしょうか?

リビングに、彼のでっかいパソコンとデスク

「彼とは同棲2年目で、住んでいるのは1LDKのマンションです。部屋はリビングが10畳、寝室が6畳。2人で住む分には十分な広さなのですが、今は彼の仕事道具で部屋がほとんど埋もれてしまっている状態です……。  というのも、彼の仕事はシステムエンジニア。仕事で使うパソコンはかなり大きいもので、今回の緊急事態宣言を受けたときも『サーバーを持って来られないからテレワークにはならないと思う』と言っていたんです。一方、私は事務職なので4月上旬から早々と在宅に切り替わっていました」  しかし、全国的に緊急事態宣言が発令されて状況が変わったといいます。 「彼が『うちもそろそろテレワークになるかも……』と言ってきたんです。それから、1週間も経たないうちに彼が会社で使っているパソコンが届いて……。さらに彼の実家からデスクが送られてきて、あっという間に部屋が埋もれていったんです」

自分はカフェで仕事をすることに

 はじめは「在宅になっても寝室で仕事してくれれば……」と、呑気に考えていたという美雨さん。しかし、現実は思うようには行かなかったのです。 「今、家ではWi-Fiを使っているんですが彼の仕事のシステムの都合上、有線で接続してほしいと会社から言われたそうです。有線が繋げられるのはリビングのみで、さらに寝室はデスクを置けるスペースがないので、リビングにパソコンを置かせてほしいと言われました」  それなら、一緒にリビングで仕事すればいいかと思った美雨さん。しかしそうもいかなかったそう。 「『セキュリティ上、他の人が同じ部屋にいるのは社内規定上ダメだから、美雨は寝室で仕事してくれない?』と言われたんです! さすがの私も事務作業とはいえ、いつリモートミーティングが入るか分からないし。寝室はベッドを置いて精一杯の広さなので、ベッドに横になりながら会議に参加するわけにもいかなくて……。  結局、彼が仕事している日中は近所のカフェで仕事をすることになりました。カフェは比較的好空いているのですが、会社からは自宅待機と言われているのに。事情を話したらカフェ代を経費で落としてもらえることになったけれど、上司に『自宅待機なのに不要不急の外出を強いられているね』と呆れられて、本当にその通りだと思いましたね……」

【関連記事】