Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コロナ時代の旅行ビジネスの全貌…パンデミック後の新トレンド、予約、売上、広告に与える影響とは

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BUSINESS INSIDER JAPAN

この記事はeMarketerによる調査レポート「コロナの時代の旅行(Travel in Times of COVID-19)」のプレビュー版。レポート完全版(有料)はこちらから 【全画像をみる】コロナ時代の旅行ビジネスの全貌…パンデミック後の新トレンド、予約、売上、広告に与える影響とは 調査会社コアサイトリサーチ(Coresight Research)によるアメリカのインターネット・ユーザーを対象とした2月末の調査では、回答者の約半数が「公共交通機関の利用や海外旅行を控えている」とし、3分の2以上が「新型コロナウイルスの感染がさらに拡大した場合、こうした移動を完全にやめたい」と答えている。 ウイルス感染への恐怖、渡航禁止、経済的な打撃などにより、人々は観光旅行を取りやめている。またイベント中止や在宅勤務令により、ビジネスのための出張も激減した。 しかし最近は、感染率が低い地域で外出禁止令が徐々に解除されている。 また、気候が暖かくなるにつれ、家に閉じこもっていた人々の間で外出したいという欲求も高まっている。こうした状況を背景に「旅行需要」が戻る可能性が見えてきた。 観光関連のマーケティング会社Destination Analystsの調査によると、5月31日時点で回答者の5分の1が「既に旅行に出かけた」または「旅行の予定がある」と答えている。 今後の経済状況やワクチンの開発・普及の進捗、感染防止策が徹底されるかなど、旅行再開への不確定要因はいくつもある。 マーケターは消費者の信頼を得ながらパンデミック下で変化するニーズに応えるため、さまざまな新しいアプローチを試みる必要がある。 eMarketerによる調査レポート「コロナ時代の旅行」では、パンデミックによって打撃を受けた旅行需要が、どのように回復しつつあるのかを明らかにする。また、コロナ禍で生まれたトレンドのうち、今後も続くと思われるものを予想する。

本レポートのキーポイント:

2020年の「デジタル・トラベル(ネットを介した交通手段や宿泊施設などの予約・チケット購入)」の売上は、アメリカとイギリスで50%近くも減少し、2022年までは元の水準に戻らない見込みだ。アメリカ以上に厳しい外出制限が敷かれたイギリスでは落ち込みがより深刻で回復もより困難となるだろう。 旅行業界すべてが等しくパンデミックの影響を受けたわけではない。最も大きな損失を被ったのは飲食業で、宿泊業と航空業がそれに続いている。 ライドシェアのLyft(リフト)の乗車率は2020年の第1四半期に70%減少、4月の第2週は75%減となっている。ライバルのウーバーはさらに大きく乗車率を下げ、4月中旬で80%減となっているが、フードデリバリー事業のウーバーイーツでしのいでいる。 市場調査会社GlobalWebIndexが5月にインターネット上で行った調査では「今後12カ月間に行きたい旅先」として、回答者の46%が「海外より国内が良い」と答えており、20%は地元でのんびりする「ステイケーション」を選んでいる。パンデミックの影響が続くなか、海外よりも近場を旅したい人が増えている。

本レポートの完全版を入手するには:

リサーチストアからレポート完全版をご購入・ダウンロードする。→購入・ダウンロードはこちらから [原文:TRAVEL IN TIMES OF COVID-19: How the Coronavirus Will Impact Bookings, Sales, and Advertising] (翻訳・野澤朋代、編集・編集部)

Alexandra Samet

【関連記事】