Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

矢井田瞳、KANA―BOONら無観客ライブを大阪府が無料生配信へ 吉村知事「小屋文化を守る1歩に」

配信

中日スポーツ

 シンガー・ソングライター矢井田瞳(41)らが「大阪府文化芸術活動(無観客ライブ配信)支援事業」のプロモーションライブに出演することが3日、発表された。大阪府の吉村洋文知事(44)が、定例会見で発表した。ロックバンド「KANA―BOON」「BURNOUTSYNDROMES」も含め大阪出身の3組が7日午後4時、府内の施設からライブを無料生配信する。  同事業は新型コロナウイルスで影響を受けた劇場や演芸場などの無観客ライブを支援する。特にライブハウスはクラスターが発生し、大打撃を受けた。吉村知事は「ある意味ライブハウスは被害者、なんとか感染症を抑えながら成り立つことを取り組んでいきたい。大阪の小屋文化を守り、新たな一歩を踏み出していきたい」と説明した。  ライブハウスで育った矢井田は「音楽の初期衝動みたいなものをいつも感じさせてくれる大切な場所。いまだ先の見えない厳しい状況の中、いちミュージシャンとして、少しでもお力になれることがあるならという思いです」とコメント。ライブハウス文化の火を消さないためにも参加を決意した。また、地元について「大好きで落ち着く場所でもあり、自分の全てを知られているような、少し照れくささを感じる場所でもあります。大阪には、大阪らしく、活気のあふれる街でいてほしいといつも願っています!」と記した。

【関連記事】