Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

バットに対する“貪欲さ”!石川昂弥、あきらめない開幕一軍スタメン!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
CBCテレビ

「【ドラゴンズを愛して半世紀!竹内茂喜の『野球のドテ煮』】 CBCテレビ「サンデードラゴンズ」(毎週日曜日午後12時54分から東海エリアで生放送)を見たコラム」

一旦リセット、選手ファーストの調整を

新聞を広げればコロナ。テレビをつければコロナ。そしてネットをつなげればコロナと、新型コロナウィルス感染拡大が止まらない。日本プロ野球も当初予定していた3月20日の開幕を延期。現在では4月24日を目指し、調整を進めているとのことだが、タイガースの3選手に陽性反応が出るなど、事態は日を追うごとに変化。先行きは不透明な状況だ。何もなければ今頃無事開幕し、日本各地の球場で大歓声が起きていたはずだと思うと、この“目に見えない敵”に対し、どうすることもできない苛立ちとともに、怒りしか感じない。今我々がやれることは不要不急な外出は避け、これ以上感染拡大を広げないこと。大好きなプロ野球を取り戻すためにやれることはなんでもやっていきたい。ただその一心である。

「正直なところ“集中力が落ちてきました”という選手もいる。それは当然なことだと思う。選手たちの気持ちをリセットさせる環境を我々が作ってあげなければいけないと思っている」 前代未聞のこの事態に与田監督は選手ファーストで対応しようと懸命だ。選手の思いはそれぞれ。順調に調整を進めてきたベテラン大島外野手は冷静にそして淡々と答える。 「ボクらも開幕したいという思いはありますが、こればかりは仕方ないから」 反対に調子が一向に上がらず、時間が少しでも欲しい藤嶋投手は調整に勤しむ。 「ボク自身はオープン戦で結果が出ていないので、しっかりそれをプラスに捉えて、練習していきたい」

まずは新人王、そしていつかは三冠王

そして藤嶋同様、開幕が先延ばしとなることをしっかりプラスにしようと考える選手がいる。与えられた時間を有効活用、開幕一軍入りを虎視眈々と狙うスーパールーキー、ドラ1の石川昂弥だ。 「プロでの目標は三冠王」 入団会見で掲げた大目標。高卒ルーキーとは思えないビッグマウスはサンドラ初出演時でも健在だった。

【関連記事】