Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

隣の芝生は青くない⁈「年収1000万円で貯金ゼロ」高所得貧乏世帯の実態

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
LIMO

ママ友も付き合いが長くなると、互いの家庭事情が分かることもあります。旦那さんの仕事が分かって「ああ、A子ちゃんのお父さんは給料が高くて有名なA社に勤めていて、もしかして年収1,000万円くらいあるのかな?」と羨望と嫉妬の眼差しで見てしまうことはありませんか?  しかし、年収が1,000万円だからといって、必ずしも貯金も多いとは限らないようです。

年収1,000~1,200万円の50代、14.3%が貯金ナシ⁉

金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査] 令和元年調査結果」には年令・年収別の金融資産保有額のデータがあります。 40歳代の金融資産非保有の世帯 1,000~1,200万円未満:2.8% 1,200万円以上:5.3% 50歳代の金融資産非保有の世帯 1,000~1,200万円未満:14.3% 1,200万円以上:5.1% 年収1,000~1,200万円の50代の金融資産非保有世帯(預貯金・生命保険・有価証券がない)の割合が「14.3%」…目を疑う驚きの数字です。では、金融資産100万円未満の場合はどうなのでしょうか?  40歳代の金融資産100万円未満の世帯 1,000~1,200万円未満:8.3% 1,200万円以上:0.0% 50歳代の金融資産100万円未満の世帯 1,000~1,200万円未満:1.8% 1,200万円以上:3.4% 年収1,000~1,200万円の40代の8.3%が、金融資産100万円未満なのです。では、その金融資産とはいったい何を指すのでしょうか? 

金融資産の範囲は?

金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査] (2019年)」によると、金融資産は下記のように定義されています。 「定期性預金・普通預金等の区分にかかわらず、運用の為または将来に備えて蓄えている部分とする。」 預貯金だけでなく、生命保険、有価証券(債権・株式・投資信託)なども含まれます。また、「土地・住宅・貴金属等の実物資産、現金、預貯金で日常的な出し入れ・引き落としに備えている部分」は除かれています。

【関連記事】

最終更新:
LIMO