Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

解説者サミットで各球団の秘密兵器を暴いてドラゴンズを優勝に導く!

配信

CBCテレビ

「とある妄想しがちなファンのドラゴンズ見聞録」 CBCテレビ「サンデードラゴンズ」(毎週日曜日午後16時24分から東海エリアで生放送)を見たコラム  2019年シーズンからあっという間に時間は過ぎて、そろそろシーズンが始まろうとしている。オープン戦も佳境を迎えてはいるが、諸処の事情により開幕時期も定かではない。改めて平穏な日常があってこそのプロ野球だと感じさせる。そんな中ではあるが、着々とスタートは近づいている。来る日常に向けての準備として、今週のサンデードラゴンズの特集は「解説者サミット」。各球団の情報をチェックして、想像を巡らせるのも一つかもしれない。それでは振り返っていこう。

セ・リーグ各球団の要注意選手とポイント

 今年のセ・リーグは各球団課題が残ったまま、開幕を迎えるチームが大半だ。だからこそ引っ張っていくような選手が現れるチームが抜きん出るだろう。ドラゴンズが優勝するためには、その選手たちを攻略して上がっていくことが重要となる。各球団の解説者たちが目にかけた選手たちを見ていく。

ベイスターズ

 多村仁志氏が要注意選手としてあげる2選手を攻略するか否かが、大きな分かれ目になりそうだ。まず三嶋一輝投手については、1点差で勝っている状況での試合登板が多く、それを逃げ切るためにフル回転していた。打率で見ても、ドラゴンズ全体ではベイスターズ投手陣を.271打っているにも関わらず、三嶋投手に対しては防御率.057と苦手にしている。しかし三嶋投手自体は対タイガースの成績は防御率7.45と打ち込まれており、三振奪取率も対ドラゴンズ戦の約半分である。憲伸氏の細かすぎる指摘の通り、スピードガンを強く意識していることから、粘られると消耗して打たれるケースがあるのかもしれない。投げ終わったあとの動作と、今年のドラゴンズの戦略に着目したい。 また、打撃の方ではロペス選手がドラゴンズ戦での決勝打が多く、なかでもエース格の大野投手や柳投手から打っている。データ重視で戦略を立てるラミレス監督が上手にロペス選手を起用する可能性もあるので要注意だ。

【関連記事】