Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

部活、対外試合8月から 接触プレー当面禁止 千葉県教委指針

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
千葉日報オンライン

 千葉県教委は4日、県立校の部活動について「対外試合や遠征は7月末まで禁止」などとする、より詳しい指針を発表した。感染防止対策を徹底し、県高野連など各競技団体の指針に従うよう求めた。  部活動は6月15日再開されるが、朝練は禁止。活動できるのは授業終了後から下校完了の午後4時半までとなる。けが防止のため2週間は基礎体力の回復に充てる。柔道の寝技やレスリングのスパーリング、サッカー、バスケットボールなどの接触プレーは行わない。剣道の打突時の声出しなど至近距離での発声も控えるよう求めた。  このほか、生徒同士は2メートルの距離を空ける。マスクの着用は求めないが、マネジャーや見学者は着用必須。体育館など室内で複数の競技を行う場合は密集しないよう工夫を求めた。  楽器演奏や合唱、ダンス、演劇などは少人数で密集、密閉、密接の「3密」を避ける。調理系の活動についても衛生管理や手洗いを徹底して行う。  県教委は私立の中学・高校にも参考として通知した。

【関連記事】