Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

<エール>“ミスタータイガース”掛布雅之が登場 「掛田寅男」役 法被姿で「六甲おろし」も

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
MANTANWEB

 窪田正孝さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「エール」(総合、月~土曜午前8時ほか)の第61回が6月22日放送され、元プロ野球選手の掛布雅之さんが登場した。 【写真特集】音ちゃん・二階堂ふみ 伝説のバニーガール姿! 今から4年前… 

 第61回は、コロンブスレコードと契約して5年が過ぎ、裕一(窪田さん)はご当地ソングや「大阪タイガース」などの球団歌を数多く手がけ、安定した作曲家生活を送っていた。ある日、裕一は廿日市(古田新太さん)から「コロンブス専属新人歌手募集」のオーディション合格者のデビュー曲の作曲を依頼される。裕一は、4年前に音楽学校を卒業して以来、いまだ歌手としてデビューできていない久志(山崎育三郎さん)に応募を勧める……という内容だった。

 掛布さんは1996年度後期の「ふたりっ子」以来、24年ぶりの朝ドラ。「大阪タイガース」の曲を依頼した人物・掛田寅男(かけだ・とらお)を演じ、コロンブスレコードで「六甲おろし」を歌うシーンに「大阪タイガース」の法被を着て登場した。

 掛布さんは、「オファーを受けたときは、連続テレビ小説という素晴らしい作品にまた参加できることがとてもうれしかったです。ドラマ出演自体が『ふたりっ子』以来2回目になるので、緊張もありました」と振り返る。

 収録現場については、「精鋭のスタッフさんたちが大勢おられるので、スタジオの中にいると、いい作品を作り上げようとする制作陣の思いみたいなものがひしひしと伝わってきました」と印象を明かし、「気持ちのいい現場だなと思いましたね。そういう空気感で作られている作品に参加でき、いい経験ができたなと感激しています」と話していた。

 「エール」は、昭和という激動の時代に、人々の心に寄り添う曲を数々生み出した作曲家・古山裕一と、裕一の妻で自らも歌手になる夢を追い続ける音(二階堂ふみさん)の、音楽と共に生きる夫婦の物語。

【関連記事】