Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

Google.org、新型コロナ救済に計1億ドル寄付

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
AMP[アンプ]

新型コロナウイルスの流行に際し5000万ドルの助成金を拠出していたGoogle.orgが、追加で5000万ドルを拠出し、合計で最大1億ドルの寄付を実施したことを発表した。 さらに同社の研究員達は、新型コロナ対策のためのプロジェクトに合計5万時間ジョインするという。

今回の追加寄付は、主にウイルスの研究や経済対策、学生への支援を目的として行われるもの。 内訳としてはWHOを含む組織に対して、Googleによる資金提供とGoogle社員による寄付を組み合わせたプロジェクトを通じて、最大1050万ドルを寄付。経済支援に関しては中小企業や女性主導の企業を守るため、非営利団体Common Futureに500万ドル、米国の2000人の女性と少数民族の中小企業起業家達に、資本と技術支援を提供する。 なお、地域の経済支援のためにも、同社のオフィスがある地域の非営利団体へ1000万ドルを超える緊急危機救済助成金を投入しているとのことだ。 さらに学生支援としては、オンライン教育基金として1000万ドルを拠出。その他にもヨーロッパとアジアの非営利団体が学習資料をデジタル化し、オンライン学習環境に適応できるように、INCOに 270万ドルの助成金を提供した。

【関連記事】