Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

日立金属・桶川の銅合金事業 サンエツ金属が譲受

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
日刊産業新聞

 黄銅棒線最大手のサンエツ金属(本社=富山県砺波市、釣谷宏行社長)は、日立金属が桶川工場(埼玉県桶川市)で手掛ける銅合金製造・販売事業を譲受する。同工場の銅合金事業は、主に自動車のマニュアルトランスミッションに用いられるシンクロナイザーリングという部品向けに高力黄銅管の加工品などを生産しており、売り上げ規模は年間25億円程度。サンエツ金属は自動車部品向け加工品の販売強化につなげたい考えだ。

【関連記事】