Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

新型コロナによる緊急事態宣言を受け、4月下旬より休業 「青森国際ホテル」の運営会社が破産申請

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
帝国データバンク

 「青森国際ホテル」を運営していた(株)国際ホテル(TDB企業コード:722003680、資本金500万円、青森県青森市新町1-6-18、代表中山大輔氏)は、5月25日に青森地裁へ自己破産を申請した。申請代理人は石岡隆司弁護士(青森県青森市古川2-20-3 朝日生命青森ビル7階、石岡法律事務所、電話017-735-4838)。  当社は、1948年(昭和23年)7月設立の旧(株)国際ホテルの金融債務圧縮のため、新設分割スキームにより2011年7月に旧(株)国際ホテルを(株)MS商事に商号変更すると同時に、(株)MS商事から分割して、一切の資産、負債の一部、取引先との契約関係などの営業基盤、従業員との雇用契約を継承して設立されたホテル運営業者。その後(株)MS商事は特別清算(2012年2月特別清算手続き終結)し、新たに設立された当社は新生(株)国際ホテルとして運営されていた。  青森市内では高い知名度を誇り、客室総数は67室(シングル40室、ツイン20室、ダブル5室、和室1室、スイート1室)と、青森市内の同業社と比較すると少なく、宴会・レストラン部門を主体とする事業展開であった。ただ周辺ビジネスホテルとの競合は厳しく、過去に多額の改装費を投入して強化したブライダル部門においても少子化や結婚式に対する意識の多様化から集客は伸び悩んでいた。また年商規模を超える多額の有利子負債もあって業績は低迷、2013年3月期に約9億円あった売上も、2020年3月期においては約7億円まで落ち込んでいたもよう。  こうしたなか、新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受けて宴会需要は大きく落ち込み、全国に緊急事態宣言が出されたことで、4月21日からは宿泊、宴会、レストランを含む全館休業を余儀なくされていた。当初は6月30日までの休業として、その後の再開を目指していたが、旧(株)国際ホテルの第2会社といった経緯もあって融資を受けられる状況にはなく、もともと財務面は脆弱だったため資金繰りは限界を迎え、今回の事態となった。  なお、土地と建物は2020年5月20日に病院・福祉施設向け給食事業を主体にホテル、温泉旅館運営を手掛ける地元業者に売却している。再開時期は未定だが同社が一部従業員を引き受けて、新たにホテル、レストラン、宴会場として営業する予定である。  負債は約16億円。