Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

首都圏通勤電車スピードランキング 北西部方面 西武線と中央線はどちらが速い?

配信

乗りものニュース

JR中央線~西武線・都営大江戸線間の路線を比較

 同じ方面のエリアから都心に向かう路線が複数あっても、列車の種別や経由地によって、目的地までの所要時間は様々です。どの路線のどの列車が、距離に対して早く移動できるでしょうか。 【地図】ランキング対象とした首都圏西部の路線  駅の停車時間も含めて、列車が平均して移動する速さを求めたものに「表定速度」があります。これをもとに、首都圏北西部の10km圏から50km圏にかけて、朝ラッシュ時の表定速度を調べてみました。具体的な範囲は、JR中央線から西武池袋線や都営大江戸線にかけての路線が対象です。 ●調査方法、基準 ・JR山手線を中心に放射状に伸びる路線のうち、ラッシュの最混雑時間帯である平日朝7時50分から8時30分に山手線接続駅へ一番速く到達する、乗り換えなしの直通列車が対象。 ・発駅は10km圏から50km圏のうち、快速や急行といった優等列車が停車する主要駅を優先的に選択。 ・別途料金が発生する特急やライナーなどは除外。 ・キロ数は時刻表などに記載されている「営業キロ」に基づいており、実際の距離とは異なる場合がある。  朝のラッシュ時に限定しているため、お昼の時間帯には速い列車でもそのパフォーマンスを活かしきれていなかったり、速達列車がなかったりする場合があります。また、「営業キロ」数と実際の距離は異なる場合があります。  なお、算出された数値はあくまで計算上のもので、運転状況により体感的なスピードと乖離する場合があります。

遠距離ユーザーのため、都心に近い駅を通過する種別の存在

 全体的に西武対JRの構図となった首都圏北西部エリア、どちらが速いのか、早速10km圏から見ていきましょう。  1位は西武新宿線で54.0km/h、2位は西武池袋線で42.4km/hと、西武2路線がJR線に勝利する結果となりました。対する中央線は41.2km/hと3位につけています。全体的に見ると、西武新宿線が頭ひとつ飛び抜けています。4位以下は、停車駅の多い路線が並ぶ形となりました。  20km圏ではどうでしょうか。10km圏では西武線に後塵を拝していた中央線が48.7km/hとトップに躍り出ています。理由は、区間が延びたことで「通勤特快」が入ったためです。この「通勤特快」は、国分寺駅を発車すると、新宿駅までの21.1kmをノンストップで走ります。  2位は西武池袋線の46.9km/h、3位は西武新宿線の42.6km/hと続きます。西武新宿線は、都心から見て田無駅(西東京市)から先は急行でも各駅に停車するため、順位を落としたと考えられます。  続いて30km圏を見ていきましょう。1位は西武池袋線が50.4km/hで、2位の中央線(49.5km/h)を僅差で抜き返しています。3位は西武新宿線の43.6km/hと続いています。30km圏からは、西武新宿線から分岐する形で西武拝島線が延びていますが、39.4km/hと最下位の5位になっています。  ここまで西武線とJRが抜いたり抜き返したりの展開ですが、40km圏ではどうなるでしょうか。1位は中央線が52.4km/hで返り咲いています。2位は西武池袋線の51.4km/hで、大きな差のない結果となりました。40km圏ではこの2路線だけ表定時速が50kmを越えており、2トップの形になっています。  3位は西武新宿線の42.11km/h、4位は小数点以下の差で、西武池袋線直通の有楽町線・副都心線の42.10km/h。5位は西武拝島線で、40.3km/hと続く結果になりました。

【関連記事】