Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

犬の“親愛の気持ち”を表す5つの行動「朝起こしに来る」のも親愛?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
いぬのきもち WEB MAGAZINE

野生時代から集団で暮らしていた犬は、「和」を大切にする動物といわれています。そのため、一緒に暮らす飼い主さんや家族に対し、仲間を想うような気持ちを抱くことも少なくありません。そこで今回は、犬が“親愛の気持ち”を抱いている相手に見せる、特別なしぐさ・行動をご紹介します。

飼い主さんが体調不良のときはそばに行く

犬は飼い主さんの“変化”を感じ取ることができます。そのため、体調不良などで飼い主さんが寝込んでいると、「どうしたの?」と心配そうに近寄ることがあるでしょう。 また、飼い主さんが泣いたり落ち込んだりしているときも、犬はいつもと違う飼い主さんの様子に気が付き、そっと寄り添うことがあります。

子どもに寄りかかられても動じない

犬が子どもに寄りかかられても、怒ったり嫌がったりしないのは、寄りかかってくる子どもが飼い主さんにとって“大切な存在”だと理解しているからです。 犬は子どもに対し、「飼い主さんの大切な存在だから、やさしく接して大事にしてあげよう」と感じているのでしょう。集団で暮らしていた犬ならではの思いやりのある行動といえますね。

朝になると飼い主さんを起こす

犬は朝になると、飼い主さんをつい起こしてしまうことがあります。これは大好きな飼い主さんと「早く一緒に遊びたい」と感じているから。 「もう朝だよ、一緒に散歩に行こう!」などと誘っているのかもしれませんね。

おもちゃを持って遊びに誘う

犬が飼い主さんにおもちゃを持っていくのは、飼い主さんのことを仲間のように感じ、「これで一緒に遊ぼう」と誘っているときです。ストレス発散や信頼関係を深めるいい機会にもなるので、飼い主さん主導で積極的に応じてあげましょう。

飼い主さんや家族が出かけるときは見送る

犬は一緒に暮らす仲間が出かけるのを見送るような気持ちで、飼い主さんや家族が出かける姿を見送ることがあります。場合によっては、「自分も一緒にいきたいな」など、うらやましい気持ちを感じていることもあるようです。 愛犬が今回ご紹介したようなしぐさや行動を見せてくれたときは、やさしく声をかけたりふれたりして、できる限り応えてあげましょう。愛犬の飼い主さんに対する想いは、今よりもっと深いものになるはずですよ! 参考/「いぬのきもち」2015年12月号『子犬? 仲間? それとも野生……?  しぐさ、行動からひもとく! 今、愛犬は何気分? 』(監修:哺乳類学者 川崎市環境影響評価審議会委員 日本動物科学研究所所長 今泉忠明先生) 文/ハセベサチコ ※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。 ※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

いぬのきもちWeb編集室

【関連記事】