Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

<やまとなでしこ>“桜子”松嶋菜々子&“欧介”堤真一、ハッピーエンドに視聴者「マジ名作」 「残念ながら~」の名言には…

配信

MANTANWEB

 女優の松嶋菜々子さん主演で2000年10月期にフジテレビの“月9”枠(月曜午後9時)で放送された連続ドラマ「やまとなでしこ」の特別編・最終第2夜が、7月13日放送された。「愛よりお金」が信念の桜子(松嶋さん)と、貧乏な欧介(堤真一さん)の恋愛がハッピーエンドで完結し、SNSでは「不朽の傑作」「マジ名作」「日本を代表する名ドラマ」「何十回見たけど最高!」といった声が多数上がり、盛り上がりを見せた。ツイッターでは放送中に「#やまとなでしこ」「#松嶋菜々子」「#桜子さん」がトレンド入りした。 【写真特集】キュンキュン! 松嶋菜々子&堤真一の“名シーン”も!

 脚本は、連続ドラマ「ハケンの品格」(日本テレビ系)シリーズ、「ドクターX~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系)シリーズなどを手掛けた中園ミホさん。「愛よりお金」の信念を持ち、玉のこしを虎視眈々(たんたん)と狙うキャビンアテンダント・桜子と、桜子に恋して医者と偽る貧乏な男・欧介のロマンチックなラブコメディー。

 「愛よりお金」が信念の桜子が、よりお金持ちの結婚相手を探し、合コンを繰り返す中で、学生時代に女性にフラれ、恋愛恐怖症になった欧介と出会った。2人の交際がスタートするが、医者と名乗っていた欧介が実は魚屋と知った桜子は一気に冷たくなる。身分不相応と思いながらも桜子にひかれた欧介は、他の男とは違った角度から彼女を好きになり、奥に秘められた“何か”を感じる……という展開だった。

 第2夜。桜子は東十条(東幹久さん)との結婚話を進める。そんな中、桜子は、「お金には変えられない、たった一つの大切なもの」を欧介が持っていると知る。その後、桜子は、東十条との結婚式の最中に、欧介が頭のけがをして容体が急変したと聞き、ウエディングドレスを着たまま病院に向かう。数日後、欧介がニューヨークで数学を教えることになり渡米。欧介への気持ちに気付いた桜子も米国に向かった。

 米国で欧介と再会した桜子が「私には見えるんです。10年後も、20年後も。あなたのそばには私がいる。残念ながら、あなたといると、私は幸せなんです」と思いを告げる“名シーン”では、視聴者から「名言すぎる!」「刺さりすぎて泣ける」「涙がブワって溢れた」「あー、もう! なんでこんなに最高なの!」という声も上がっていた。

【関連記事】