Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

攻略のポイントは“謎の円”!? 美女プロ・江澤亜弥に厄介な「左足下がり」の打ち方を教わった

配信

みんなのゴルフダイジェスト

多くのアマチュアゴルファーにとっての第一関門である「100切り」。アベレージスコア105のお笑い芸人ずん・やすが安定して100切りを達成するために、美女プロ・江澤亜弥のレッスンを受講。多くのアマチュアが苦手とする「左足下がりの傾斜」での打ち方を教えてもらった。

左足下がりはオープンスタンスで構えよう

やす:私の苦手な「左足下がりにライからの打ち方」を江澤先生に教えて頂けるわけですね。よろしくお願いします。 江澤:まず構え方なんですけど、ターゲットに対して少し左を向いたオープンスタンスでアドレスをとってください。 やす:左? 何でですか? 江澤:左足下がりで平らなライのときと同じように打つと、右足側が上がっているぶん、クラブの軌道の最下点がいつもより手前(右足寄り)にくるので、ダフることが多くなるんです。

やす:たしかに右足のほうの地面が上がっているから、そうなりますよね。ということは江澤先生、左を向くと最下点が前にくるわけですか。 江澤:そうですね。左を向くことで、最下点が内側に入ってくるので、結果的にダフりにくくなるということになります。 やす:先生、ボール位置はどうなりますか? スタンスを変えちゃうとよくわからなくなっちゃうんですよね。 江澤:真ん中からやや右足寄りでイイと思います。左に置きすぎるとインパクトでボールに当たらなくなるので、それだけは注意してください。

「傾斜に対して垂直に構える」は意識しすぎなくていい

江澤:よく左足下がりは傾斜に対して垂直に構えると良いって言いますよね。 やす:あ、それよく聞きます。 江澤:ですけどやすさん、垂直に構えてって言われてできますか? やす:なんかこう、真っすぐに……アレ? 江澤:「垂直に」とか言われても分かりづらいですよね。だから、物凄い左傾斜の場合だけは左足に体重を乗せて傾斜に沿って構えるようにして、あとは今さっき言ったように、普通の左足下がりの傾斜なら、少し左を向くアドレスをとるだけでイイと思います。 やす:なるほど、分かりやすくて助かります! 江澤:次に、打ち方ですが、左を向いたオープンスタンスに沿ってクラブを振っていきます。このときに、そのまま左に向かって振っていくと球も左に出てしまうので、ちゃんとグリーン方向に球が戻ってくるようにスライスをイメージして打つようにします。オープンスタンスにしてスライスを打つことで、球を上から捉えることができるので、左足下がりでもダフることがなくなるんです。

【関連記事】