Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【プレイバック】終盤の猛攻も退けた日大藤沢が“ウノゼロ”で桐光学園を撃破

配信

高校サッカードットコム

間も無く令和2年度シーズンが開幕。新シーズンに先駆けて、過去の熱戦をプレイバック。 【フォトギャラリー】桐光学園 vs 日大藤沢 【2019.11.30 第98回全国高校サッカー選手権神奈川予選 2次T決勝 桐光学園 vs 日大藤沢】  最後まで守備は崩れなかった。  11月30日、高校サッカー選手権の神奈川県予選決勝が行われ、日大藤沢と桐光学園が対戦。序盤から激しい攻防が繰り広げられたが、日大藤沢が1-0で下して5年ぶり5度目の出場を決めた。  日大藤沢のミッションは明確だった。桐光学園の西川潤を封じ、いかにチャンスを決め切るか。マンマークで対応する策もあった中で、チームは11人全員で相手のエースを抑える道を選んだ。  立ち上がりから何度も危険な場面を作られた。それでも、CBの青木駿人と宮川歩己が身体を張った守りを見せ、最後の局面で簡単にやらせない。桐光学園の西川に決定機を迎えられたが、いずれもギリギリのところで凌いだ。ただ、苦しい展開だったのは間違いない。前半が終わると、ハーフタイムに佐藤輝勝監督が指示を送り、テコ入れを施した。  攻撃は植村洋斗をいかに絡ませるか、守備ではよりコンパクトに守れるか。すると、後半は見違えるようなパフォーマンスを見せる。西川に良い形でボールを入れさせず、攻撃では植村が2列目からチャンスに絡んだ。  そして、後半9分にスコアが動く。植村が左サイドの深い位置まで入って中に折り返すと、浅野葵が押し込んで待望の先制点。「あのような突破からアシストをしてくれた。植村が持っているものが出た」と指揮官が頬を緩ませた一撃で流れを掴むと、以降も攻守で隙のない戦いを見せる。特に守備陣は今まで以上の集中力で対応し、良い位置で西川にボールを受けさせない。   最終盤の猛攻も退けた日大藤沢が“ウノゼロ”で桐光学園を撃破。昨冬も今年の夏も桐光学園に敗れていただけに、選手たちの喜びも一入だ。「去年の冬と今年の夏。予選でいずれも桐光学園に負けて、全国への道を断たれていた。ここで勝たないと今までやってきた意味がない。思いの部分では相手を上回っていたし、一体感でも上回って優勝を成し遂げられたので良かった」と、主将・青木も優勝の喜びを噛み締めた。夏のインターハイ王者を下した日大藤沢が意気揚々と全国舞台に挑む。

【関連記事】