Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

バルセロナがクラブ史上初めてカンプ・ノウの命名権を売却へ!収益はコロナ関連に寄付

配信

超WORLDサッカー!

バルセロナは21日、本拠地であるカンプ・ノウのネーミングライツを売却することを発表した。収益は新型コロナウイルス(COVID-19)関連の寄付に充てられるとのことだ。 【動画】“怪物”ロナウドの圧倒的スピードとパワー 1957年に開業した約10万人収容のカンプ・ノウはこれまで命名権を売却したことはなく、史上初めてのことになる。契約期間は2020-21シーズンの1シーズンとなっている。 バルセロナは声明にて「収益は世界的に大流行している新型コロナウイルス(COVID-19)に対する戦いや研究への資金に充てられる。人道危機に直面しているこの時期に、COVID-19と戦うべく収益を寄付する必要があると考えた」と発表。 スペインではCOVID-19による感染者が20万人を、死者が2万人を越えている。

超WORLDサッカー!

【関連記事】