Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

サスティナブルなリゾート島「スンバ」 元サーファーと投資家が生み出した観光モデル

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
AMP[アンプ]

インドネシアのバリ島から飛行機で一時間足らずの場所に、スンバという島があります。 約12000近くもあるといわれるインドネシアの島々の中、最も貧しい島とされていた時期もあったようですが、今徐々に変わろうとしています。 それを可能にしつつあるのが、リゾートと島民とのユニークでサスティナブルな相互依存の関係。 今回は、なぜスンバ島がそのようなリゾート地となったのか? この島を舞台に起きた二人の男の出会いを紹介します。

元サーファーの若者が目指したスンバリゾート

コトの始まりは今から40年ほど前。 この島にバックパックを背負ったジョージア州出身の若者、クロードがやってきます。サーファーだった彼は島の噂を聞きつけてやってきたのだといいます。 素朴な島とビーチと波。それになにより全く開発されていない素晴らしいこの場所を一目で気に入った彼は、自分たちの手で開発をしようと7ヶ月後に再び戻り、徐々にコテージを建てていきました。 最初の目的はビジネスで、「7~8年かけてリゾートを構築し、それを売却すること」だったようです。つまり波乗りをしながらも、一儲けするためにここを利用しようという魂胆だったのですね。ところで、波乗りをやったことがある人ならわかると思うのですが、良いポイントには人が集まってくるのは当然で、海には多くの人が入ってきます。 ところがここは1日10人という人数制限をしたために、決してアクセスが簡単ではない場所にも関わらず、サーファーにとっては知る人ぞ知る穴場スポットとなり、お客の数も順調に増えていきました。 1996年当初の予定通り、マレーシアの企業に売却しょうとした矢先、アジアに金融危機が襲い、マレーシアの会社は撤退。さらにその後この地方を地震が襲い、建物の多くが崩壊してしまったのです。

スンバを持続可能なリゾートへ 二人の男が立ち上げたプロジェクト

ほぼすべてを失った彼は、島から逃げ出すことも可能だったと思います。 しかしそうしなかったのは、開発をする際の「雇用を創出して、より良い健康と教育を作る」という長老との約束が忘れられなかったからだと、後に語っています。 そこで彼は約束を果たすため、今後20年間の事業計画とともに島民のために尽くすことへと力を注ぐことにします。その後人を介して紹介された、投資家でトリーバーチの前主人のクリスバーチ氏らと、プロジェクトを提携することを決定。

【関連記事】