Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「人種差別と同じように生まれる嫌悪感や迫害を、LGBTQ+の人に向けていないだろうか」──今ビリー・ポーターが問題提起する隠れた差別思想。

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
VOGUE JAPAN

ジョージ・フロイド事件をきっかけに、アメリカでは暴力や人種差別撤廃の抗議デモが連日行われている。こうした中、俳優のビリー・ポーターは黒人のLGBTQ+の命について切実に訴える。彼を突き動かすものとは何か。 圧倒的な存在感を放ったビリーのレッドカーペットスタイル【写真】

自らも差別的思想を持っていないだろうか。

ミュージカル『キンキーブーツ』(2013年)でトニー賞を受賞し、ドラマ『POSE』(2019年)ではエミー賞に輝いた俳優のビリー・ポーター。ゲイであることを公表しているビリーは、マイノリティーの権利を訴える活動家としても有名だ。 昨年行われた第73回トニー賞のレッドカーペットでは、中絶禁止法への反対を支持する「子宮ドレス」を披露し、話題を独占した。過去の授賞式でも「社会が求めるマスキュリニティ(男性らしさ)に変革をもたらしたい」との想いから、力強いメッセージが込められた奇抜なジェンダーレスファッションで人々を魅了してきた。 今、「ジョージ・フロイド事件」をきっかけに、抗議活動が世界各国で広がりをみせる中、今月5日にビリーは#blacklivesmatterや#blacktranslivesmatterのタグとともに、「私からアメリカへのメッセージ」と題した16分半のメッセージ動画をインスタグラムに投稿した。 ビリーが動画を通して伝えたのは、アメリカの根深い人種差別の歴史に終止符を打つためのメッセージだけでなく、LGBTQ+である人々の人権を訴える切実な内容だった。 「家から一歩外に出ると、我々は黒人であるがために命を狙われる危険にさらされます。さらに、ジェンダークィアだとそのリスクは倍増します。私たちは、心に抱える痛みと恐怖心を周りに決して気づかれぬよう、日々萎縮しながら生きています」 今、なぜビリーがこうした悲痛な思いを発信するのか。それは今月1日に、トランスジェンダーの黒人女性であるイヤンナ・ディオールが大勢のシスジェンダー男性らから集団暴行を受ける動画が、またたく間に世界に拡散したからだ。この事件を受けてビリーが最も問題提起したかったのは、暴行を受けるイヤンナを目撃していたにも関わらず、黒人男性たちが誰も彼女を助けようとしなかったというLGBTQ+に対する悲しい差別と偏見だった。 「社会とLGBTQ+の関係性は、いまも悲惨な状況です。黒人の仲間たちよ、ぜひ聞いて下さい。人種差別と同じように生まれる嫌悪感や迫害を、LGBTQ+である私たちに向けていては、今あなたたちが求めている『法の下の平等』は実現しません。LGBTQ+の黒人も、同じ黒人です。私たちの命も大切なのです。ホモフォビア(同性愛嫌悪者)の兄弟たちよ、黒人の人権を訴える以前に、自分の中にある問題をきちんと整理して下さい」 LGBTQ+の黒人が差別思想を背景に命を奪われる事件は、後を絶たない。人権団体のヒューマン・ライツ・キャンペーンによると、2019年だけでも26人のトランスジェンダーまたはジェンダークィアの人々が、激しく暴行され命を落とした。そしてこうした事件は、アメリカだけでなく、世界全体で増え続けているのだ。先人たちが苦しみながら勝ち取ってきたLGBTQ+の権利が奪われぬよう、私たちはこの現実に向き合わなければならない。

【関連記事】