Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「銚子高の銚子君」はプロ→社会人から大学指導者へ 元大洋・銚子利夫氏の今

配信

Full-Count

JR東日本時代、現広島・田中広輔の指導で体得した“コーチの極意”

 懐かしき横浜大洋ホエールズ(現DeNAベイスターズ)で活躍した、銚子利夫さん(現法政大学野球部助監督)の野球人生にスポットを当てる後編。古葉竹識監督の下で三塁のレギュラーポジションを獲得した銚子さんだが、指揮官が交代すると徐々に出場機会が減り、1991年オフには長内孝外野手との交換トレードで広島に移籍した。 【画像】DeNA新助っ人オースティンのモデル美人妻 ピンクのビキニがまぶしいビーチショットにファンもため息「素晴らしい」 「広島に行ったことで球界に人脈が広がったというか、知り合いが増えました」。32歳だった93年限りで現役引退し、翌94年には、横浜ベイスターズと名を変えた古巣に2軍育成コーチとして復帰した。以後13年間にわたって2軍コーチを務め、その後、編成担当、スカウトを歴任して退団。そして2011年に、大きな転機を迎えた。 「JR東日本野球部で、守備・走塁を指導することになりました。きっかけは、慶応大学出身で東京六大学の同期の堀井哲也監督(当時)から頼まれたこと。当初はアドバイザー、その後コーチとして契約するようになりました」。東京六大学同期の絆は強く、堀井監督の他、現日本ハムの斎藤佑樹投手を擁して全国制覇を成し遂げた早実高・和泉実監督(早大出身)、現楽天の松井裕樹投手を育てた桐光学園高・野呂雅之監督(同)、全日本大学野球連盟の内藤雅之常務理事(立大出身)らとは、いまも会食や草野球をともにする仲だ。  JR東日本には昨年まで9年間携わり、11年の都市対抗優勝、12、13年の同準優勝に貢献した。指導した選手の中で印象深いのが、2年間在籍後にドラフト3位で広島入りした田中広輔内野手である。田中は東海大相模高、東海大を通じ現巨人の菅野智之投手と同期で、自身もプロ入りを熱望していたが、指名から漏れていた。 「入社当初からプロでやっていける素質は十分ありましたが、“お山の大将”でしたね。彼の方から『教えて下さい』と言ってくるまで放っておきました。それがよかったと思います。本人のプライドがあるので、僕の口から詳しい指導内容を明かすことができませんが、プロ入りまでの1年半、言うことをよく聞いてくれました」  田中広のプロ入り後の活躍は、銚子さんにとって「選手は1人1人性格も持ち味も違うから、コーチはそれぞれどう接していくかをよく考えなくてはならない。1番聞く耳を持つタイミングを見計らってアドバイスすることが重要だ」と再認識する契機になった。

【関連記事】