Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ANA、羽田空港第2ターミナルの保安検査場Cなど出発ロビー南側を75日ぶり再開

配信

Impress Watch

 ANA(全日本空輸)は7月1日、新型コロナウイルスの影響で4月17日から閉鎖されていた羽田空港第2ターミナル 出発ロビー(2階)の南側施設の一部を再開した。ANAの羽田発着路線は7月1日以降、運休となっていた路線も含めて大幅に復便。南側施設の再開で旅客増に対応する。 【この記事に関する別の画像を見る】  7月1日に再開するのは、下記の施設。ダイヤモンドメンバーなどが利用できる「ANA SUITE CHECK-IN」は5月29日に再開済み。保安検査場Dや南側のSPECIAL ASSISTANCE(お手伝いの必要な旅客向けカウンター)や団体手続き/国際線から国内線への乗り継ぎカウンターは引き続き閉鎖されている。 ・保安検査場C ・ANA PREMIUM CHECK-IN ・自動チェックイン機 ・自動手荷物預け機(ANA BAGGAGE DROP) ・搭乗手続きカウンター(10~14番)  保安検査場Cを案内する再開後初の便となったのは、羽田~伊丹線のANA985便で、6月30日まで運休していた便。保安検査場C先の64番搭乗口からの出発となった。その後、62番搭乗口を利用する岩国行きのANA631便、65番搭乗口を使用する広島行きのANA671便と、早朝から続々と保安検査場Cを案内している。  南側エリアの再開にあたってインタビューに応えた、ANAエアポートサービス 旅客サービス部長 久沢弘太郎氏は「緊急事態宣言下の状況を見ているので感慨深い」、地上旅客スタッフの山﨑晴菜氏は「だんだんお客さまも増えてきて、うれしい気持ちでいっぱい」と再開に対して喜びのコメント。  7月の4連休に向け予約も増えてきており、8月にかけて繁忙期を迎えることになるが、その対策については、「どういった形で衛生的で清潔な空間作りを提供できるか。お客さまが増えていくなかでのANA Care Promiseというものを、いままさに検討しているところ」と述べた。  また、ANA LOUNGEなどを先行再開していることについて、「多頻度のお客さまの方が、比率としては多くご利用(を再開)いただいており、ラウンジは混雑というほどではないが、多くのお客さまにご利用いただいている」との現況を語った。  ちなみに、保安検査場Dの再開については現時点で見込みが立っていないとするが、保安検査場AとBはスマートレーンの導入をすべて終えていることから、「現在の予約状況からすると保安検査場A、B、Cで対応できると考えている。保安検査場AとBがすべてスマートレーン化しており、フルにスマートレーン化した状態で繁忙期を迎えるのは今回が初めて。スピーディに通過できるので期待している」と話した。

トラベル Watch,編集部:多和田新也

【関連記事】