Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コロナで中止、ならオンラインで。世界で広がる「バーチャルスポーツ大会」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
AMP[アンプ]

新型コロナパンデミックにより、スポーツイベントの中止・延期が相次いでいる。これを契機に、モータースポーツ大会などではバーチャルレースへのシフトが起こっている。AMPではこれまで、F1やフォーミュラEといった規模の大きな組織・イベントについてはお伝えしてきた。 しかし最近は、この変化がランニング、サイクリング、スイミングといった、市民が参加するスポーツイベントにまで波及している。リアルなイベントへの参加は難しくとも、バーチャルな場に参加することで、同じスポーツを愛するコミュニティへの帰属意識を感じながら、日々のエクササイズの目標を設定できる利点がある。さらに、こうしたバーチャルシフトに対応する多様なプラットフォームも世界各地で生まれている。 多数の人びとが集うイベントのあり方が完全に変わってしまった2020年。今後スポーツイベントはどのように形を変えていくのか? バーチャルスポーツ大会を実現するためのプラットフォーム市場も概観しつつ、そのトレンドを追ってみたい。

各国で次々に企画される「バーチャル」なスポーツ大会

新型コロナウイルスの感染拡大が顕著になってからというものの、選手や観客の長距離移動は困難となり、またクラスターの発生を防ぐため、数多くのスポーツイベントが延期や中止の憂き目にあっている。そして、今後パンデミックの長期化が予測される中、各イベントは「バーチャル」開催へとシフトし始めている。 世界最高峰の自動車レースF1は、延期となったレースを順次バーチャルグランプリとして開催し、公式WebサイトやYouTube、Twitch、Facebookで配信。日本でも、オートバイロードレースのMotoGPが、オフィシャルゲーム「Moto GP19」を使用したバーチャルレースへの移行を発表した。 モーターレースだけではない。日本では全国高校総体(インターハイ)や全国中学校体育大会の中止を受け、ロンドン五輪代表などトップアスリートらが発起人となり、中高生を対象とした陸上のバーチャルイベントが開催されることとなった。このイベントでは、大会期間中に自分の走る姿の動画をタイムとあわせて動画投稿サイトにアップロードする形で行われ、ランキングも発表される。 アメリカでも、歴史あるマラソンイベント、ボストンマラソンが中止となっているが、主催者であるボストン体育協会は、参加者への全額返金に加え、希望者はバーチャルレースに参加できることを発表。レース期間中、6時間以内に連続したマラソンを完走した参加者にはメダルと記念品が贈呈される。 パンデミックによって、注目が急激に高まるバーチャルスポーツ大会だが、そこには単なるリアルイベントの代替手段「以上」の魅力もある。 例えば、多くの大会は、『ハリーポッター』などさまざまなテーマに沿って行われて、参加者は限定グッズを手に入れたり、遠隔地のファンと交流できたりするなど、ファン同士のオンラインコミュニティとしても機能している。 また、大会に興味は持っているものの、リアルイベントへの参加には気が引けていた初心者にとって、バーチャルイベントへの参加は比較的心理的ハードルが低く、より惹きつけられる場となっている。常連参加者に対しても、時間や場所にとらわれない、イベント参加の選択肢を増やせる点がメリットとなっている。

【関連記事】