Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

Kitri、ユニット名由来の小説からインスピレーションを受けた「赤い月」リリース 初オンエアも

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
CDジャーナル

 第1弾「Lily」、第2弾「人間プログラム」に続くKitriの3作連続配信シングル企画のファイナルを飾るタイトル「赤い月」が10月23日(金)にリリース。あわせて、10月14日(水)のFM802「UPBEAT!」にていち早く初オンエアされることが決定しています。  この楽曲に関して、Kitriは、「Kitriのユニット名の由来でもある“ドン・キホーテ”という文学作品の主人公像にインスピレーションを受けて作った曲です。主人公が悲哀や喜び、怒りを感じながら、現実と空想を行き来する冒険物語を描きました。アストル・ピアソラの楽曲からも影響を受けて、今作ではラテンのエッセンスを取り入れたリズムやメロディを表現しています。作品には、磯部智さんが編曲とプログラミングで、管楽器で武嶋聡さん、河野広明さんがご参加下さり、ドラマチックな歌詞の世界観とマッチして、情熱的な歌劇のような仕上がりとなりました」とコメント。  また、Kitriといえば音楽のみならずSNS等に自身で制作しているイラストや動画作品を多く披露していることが知られていますが、今回の連続配信シングルのジャケットイラストは全てMonaが担当しており、この度ジャケットも公開されました。「赤い月」の世界観を舞台上に描いた絵画作となっています。

【関連記事】