Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

<井ノ原快彦>新しい形の「24時間テレビ」に手応え 増田貴久、北山宏光、重岡大毅、岸優太も思い語る

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
MANTANWEB

 日本テレビ系のチャリティー番組「24時間テレビ43」(8月22~23日)で、メインパーソナリティーを務めた「V6」の井ノ原快彦さん、「NEWS」の増田貴久さん、「Kis-My-Ft2(キスマイフットツー)」の北山宏光さん、「ジャニーズWEST」の重岡大毅さん、「King & Prince」の岸優太さんが8月23日の番組終了後、取材に応じた。井ノ原さんは「高橋尚子さんが走ることによって募金してくださったこと、最後チームQの皆さんと一緒にゴールされたことが目に焼き付いている。最終的にバーチャルで募金してくださった方の顔写真があんなに集まるというのは考えてもみなかった」と振り返り、「第1回目の気持ちでやりましたけど、この先の24時間テレビが楽しみだなと思った」と充実感を口にした。

 今年で43回目の「24時間テレビ」は「動く」がテーマ。24時間テレビサポーターを徳光和夫さん、総合司会を羽鳥慎一さんと水卜麻美アナウンサーが務め、無観客の両国国技館(東京都墨田区)をメイン会場として放送された。

 堀ちえみさんの歌唱が印象に残ったという増田さんは、「誰かが動く瞬間に立ち会えたのはすごくうれしい。今回『動く』というテーマでしたが、どうやって動けばいいのか、何をしたらいいのか、などいろいろ考えましたが、いろんな人の思いを今回聞くことができ、これからの自分の人生に大きなヒントになった。やっぱりテレビの力ってすごいなって改めて思いました」と語った。

 北山さんは「“1回目”という思いでやることに対して終わったとき、みんな笑顔だった。動くことによって何か分からないけど、この先に希望があるなということが自然と表情に出たのではと思ったし、僕もそれを感じた」と振り返った。

 また、重岡さんは今回のテーマ「動く」について、「番組が始まった時の意味と番組が終わった今ではまた別の意味に大きく変わっている気がする。24時間テレビを通して、たくさんの人がいろいろな思い、感情、魂で動いているところに動かされた。今日見た景色とか言葉とかがつまった、大きい意味での『動く』という言葉が残りました」と感激。岸さんは、「市川海老蔵さんと歌舞伎や『笑点』の師匠たちと『シンデレラガール』など挑戦させていただき、すべてに挑戦が重なっている感じがしました」と新たな経験を喜んでいた。

【関連記事】