Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

オンライン学習、今後どう付き合う?

配信

ベネッセ 教育情報サイト

新型コロナウイルス感染症の影響で、最長3か月間にもわたった、学校の臨時休校措置。少しでも授業を補うため、家庭でのオンライン授業を模索する動きが広がりました。しかし、文部科学省の調べでは、2020年4月16日現在で「同時双方向型のオンライン指導を通じた家庭学習」を実施できた教育委員会は、5%にすぎません。感染防止に長期戦を覚悟しなければならない中、政府や自治体は環境整備を急いでいます。今後どのように、オンライン学習と付き合っていけばいいのでしょうか。

オンライン学習を経験済みの高校生は勉強姿勢が備わる

日本では、学校の授業でさえ、児童生徒がパソコンやタブレットなどの端末を使って学習を行う機会が、十分ではありませんでした。家庭学習では、なおさらです。 独立行政法人国立青少年教育振興機構が2019年9~11月に行った国際比較調査によると、オンライン学習をしたことがある高校生の割合は、日本48・8%、米国70.8%、中国58.3%、韓国72.4%と、日本が最も低くなっています。「先生はインターネットを利用する宿題を出す」のも各26.6%、91.9%、65.3%、57.2%となるなど、そもそも学校からの指導が低調なのですから、当然の結果とも言えます。 一方で、オンライン学習を経験した日本の高校生は、「勉強した内容を理解するために、教科書以外の本を読んだりする」16.9%(未経験者は9.7%)、「先生や友達と勉強について話し合う」26.8%(同16.7%)、「授業の内容を復習する」22.6%(同16.0%)、「自分で学習の計画や目標を立てる」25.8%(同17.1%)と、自ら進んで勉強する姿勢が強まっています。 もちろん、オンライン学習がそれほど一般的でない中での経験者ですから、もともと学習に積極的だったとみることもできます。逆に、うまく導けば、自律的な学びの姿勢を引き出すこともできそうです。今後、オンライン学習が広がる中で、配慮する必要があるでしょう。

【関連記事】