Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

取り壊し寸前の江戸城、ハイビジョンのような鮮明さ 幕府崩壊から数年、「ご真影」の内田九一が撮影

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
47NEWS

 明治天皇の肖像写真で知られる写真家内田九一が撮影した取り壊し寸前の江戸城の古写真が、歴史ファンの間で話題になっている。道に転がった小石の一つ一つが識別できるほどの鮮明さが特徴で、二重橋の上から現皇居前広場方面を眺めた珍しい写真もある。(共同通信=大木賢一)  ▽鮮明  東京・神田駿河台の「シェイクスピア・ギャラリー」で3月に開かれた展覧会で12枚が公開され、10日間で大勢の人が訪れた。主催者の芸術ディレクター清水篤さん(62)は、新型コロナウイルス感染拡大に収束の兆しが見えれば、再開催も検討したいと考えている。  「まるでハイビジョンカメラで江戸時代を写したようなリアリティでしょう?」。スキャンした画像を大きく引き伸ばしたパネルを前に、清水さんは笑顔を見せる。写真には、今はない多くの櫓(やぐら)や橋なども写っている。  写真は10年ほど前に清水さんが神田の古書店で手に入れた写真帖「東京名所焼付写真」に収録されていた。撮影者が分からなかったが、最近になって宮内庁三の丸尚蔵館に収蔵されたものと一致することが分かり、内田九一撮影と断定された。

 ▽東都一  内田九一は1844年、長崎生まれ。化学や写真術を学び、65年、神戸と大阪で写真館を開業。横浜に移った後、69(明治2)年からは東京・浅草に本店を置いて活動した。  さらに宮内省御用掛の写真師となり、73年、洋装軍服姿の明治天皇を撮影。この複製が、いわゆる「ご真影」として全国の地方官庁や学校などに下賜された。「東都一の写真師」として非常に人気があったが、75年に肺炎のため死去した。  展覧会では旧江戸城の見取り図に現在の地図を重ねた「皇居と江戸城重ね絵図」も展示された。建築家で画家でもある木下栄三さん(69)が作成したもので、あちこちに矢印が付けられ、今回の写真の撮影場所と方向を示しているので、写真が現在のどこに当たるのか一目で分かる。  ▽荒廃の理由  写真はいずれも明治4年から6年ごろに撮影されたとみられる。「二重橋より市中の遠景」と書かれた写真は、二重橋の上から現在の皇居正門と皇居前広場を眺めたもので、かつて建ち並んでいた大名屋敷はすでに取り払われ、代わりに建っている細長い建物は近衛騎兵の営舎とみられる。

【関連記事】

最終更新:
47NEWS