Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

シクサーズのアル・ホーフォードがセカンドユニットへの配置換えに言及「自分が置かれる状況を最大限に生かすだけ」

配信

バスケット・カウント

「大した問題ではないよ」

写真=Getty Images ジョエル・エンビード、ベン・シモンズが中心のセブンティシクサーズは、2019-20シーズンの優勝候補の一角になると見られていた。しかし、レギュラーシーズン開幕からケガ人に悩まされ、チームケミストリーを築けずに苦戦した。主力の一人、トバイアス・ハリスも連携面で問題があったことを認めている。 それでも、ベテランのアル・ホーフォードはエンビードとシモンズのケガも癒えた今、再開後のチームに自信を持っている。ただホーフォードに関しては、その起用法が注目されている。中断前から噂されていたベンチ起用についてリポーターから聞かれたホーフォードは、「自分はただ良いプレーがしたい。ハイレベルなプレーがしたいだけなんだ。これからも努力し続けるし、チームの助けになりたい」と答えた。また、ホーフォードはケミストリーに問題があることを自覚し、こう続けた。 「チームが成功を収めるためには、自分がこれまでと異なるラインナップでプレーする必要があるのも分かっている。ジョエルとプレーする時間もあるだろうけれど、他のチームメートともやらないといけない。大した問題ではないよ」 シクサーズがホーフォードを先発から外したとしても、勝敗がかかる試合終盤では経験豊富な彼をコートに送るだろう。ホーフォードも「しっかり準備して、自分が置かれる状況を最大限に生かすだけ。そう考えている」と、話す。「自分がどの程度の時間をプレーするか、それにどのタイミングでプレーするかはコーチが決めること。僕は準備をしておくだけだから」 対戦相手にとっても、攻撃の潤滑油になれ、守備でも貢献できるホーフォードがベンチから出てくるのは厄介だ。再開後にシクサーズのケミストリーが改善されるかどうかは、『シックスマン』のホーフォードにかかっているのかもしれない。

バスケット・カウント

【関連記事】