Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

読み出すと止まらない「ハマる本」10冊。お家でハラハラ、ドキドキ…

配信

女子SPA!

<みきーるの女子マインド学>  GWに入りましたが、今年は“おうちで過ごす”のが正解です。 「時間はあるし、本でも読もう」と思っている人も多いはず。どうせなら、“読み出したら止まらない、家にいたくなる本”を読みたいと思いませんか?  今回は、読書男子・わちゅ~さん(Thinking Dogs)に、恋愛小説からミステリー、ノンフィクションまで、“読み出したら止まらない! ドハマリ本”を選んでもらいました。 “おうち読書”の参考に、さっそくチェックしてみましょう!

読み終わるまで出られません! ドハマリ本10

●スペクタクル・ファンタジー好きの人に 『新世界より』 貴志祐介 「舞台は1000年後の日本。“呪力”と呼ばれる超能力を手にした人類は、バケネズミを使役しながら生活しています。主人公・渡辺早季が語り手となり、36歳の彼女が書いた手記という体裁で物語が進行。アニメ化もされています。  ズバリ、僕が読んできた小説の中で一番好きな作品です。  上・中・下巻合わせて1,000ページを超える超大作であるにもかかわらず、おもしろすぎるためあっという間に読み終えてしまいました。サイエンス・ファンタジーに属していますが、冒険小説やミステリー、サスペンス、ホラーといったあらゆる要素が詰め込まれており、読み応え満点。世界観もストーリーも、何から何まで魅力的! 絶対に読んで欲しい一冊です」(コメントはちゅ~さん談。以下同) ●とろけるような情熱的な恋がしたい人に 『サヨナライツカ』 辻仁成 「1975年のタイ・バンコク。日本に住む婚約者との挙式を数ヵ月後に控え、海外勤務を順調にこなす豊。ふとしたきっかけで出会った謎の美女・沓子がある日突然マンションを訪れ、ふたりはそのまま体の関係を結んでしまいます。背徳感にあふれながらも刺激的な恋に溺れていく豊。  ふたりの女性の間で揺れ動く様子が、非常に生々しく描かれています。中山美穂さん主演、西島秀俊さん、石田ゆり子さん共演で映画化もされました。  異国の地で育む、淡く切ない恋物語。死ぬまでに一度でいいから、こんな熱く狂おしい恋がしてみたい! 今作は、“僕の好きな恋愛小説ランキング”不動の1位として君臨中です」 ●忍者のカッコよさを存分に味わいたい人に 『忍びの国』 和田竜 「織田信雄(信長の次男)が引き起こす第一次天正伊賀の乱の前後が描かれています。  主人公は、伊賀国一の腕を誇る忍び・無門。圧倒的な実力を持ちながら無類の怠け者の彼に、美人で気位が高い女房・お国は「稼ぎがよくなるまで夫婦にならない」と文句を言っています。ある日、無門は金銭の褒美を目当てにとある伊賀者を殺めます。この事件が、史上に残る大戦へと発展することに……。大野智さん主演、石原さとみさん共演で映画化。  読みやすくて泣ける歴史小説。僕の中の歴史小説に対する堅苦しいイメージを払拭してくれた一冊でもあります。とにかくストーリーが素晴らしく、笑えるシーンもあれば泣けるシーンもあるというエンタメ感満載な内容。忍びのスリルや戦の迫力だって味わえます。号泣必至!」 ●バトルロワイアルのような、迫りくる恐怖を味わいたい人に 『クリムゾンの迷宮』 貴志祐介 「ある日、まったく見覚えのない場所で目を覚ました藤木芳彦。眼前に広がるのは、雨に濡れ、深紅に染まった奇岩と峡谷。記憶喪失なのか、それとも……?  見渡す限りの荒野で繰り広げられる、スリル満点のサバイバルを描いた作品です。  逃げ出せない恐怖。いつ襲われるかもわからないまま過ごす緊張感。疑心暗鬼にかられ、徐々に崩壊していく精神。追い込まれた人間の心理描写がすさまじく、読む手が止まらなくなります。夜更かし注意!」 ●殺人犯と警察の緊迫したバトルを楽しみたい人に 『犯人に告ぐ』 雫井脩介 「神奈川県で発生した連続幼児誘拐殺人事件。難航する捜査を打開するために県警上層部が出した策は、マスコミを通じて目撃情報を集めると共に、犯人に直接呼びかける“劇場型捜査”。捜査責任者に抜擢された刑事・巻島史彦は、ニュース番組に出演し捜査を試みるものの、思うような成果は出ず。誰もが失敗かと思い始めていたとき、「バッドマン」を名乗る犯人から手紙が届き、事件は思わぬ展開へ……。  サスペンス色の強い作品です。目まぐるしい展開にドキドキが止まりません!  気持ちが昂ぶって眠れなくなる恐れがありますので、本作も深夜に読むのは避けたほうが賢明です」

【関連記事】