Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

広島県議会議長 議員に直接確認の意向 “現金授受”で大揺れ

配信

RCC中国放送

中国放送

 現金の授受をめぐって広島県議会も大揺れです。中本隆志議長は、「現金を受け取った」と報じられた議員に直接、状況を確認する意向を示しています。  「わたしたちは怒ってます。もらった人は辞めてください。」(抗議する市民グループ)  県議会6月定例会最終日の朝、市民グループおよそ50人が、河井夫妻から現金を受け取った議員への抗議行動をしました。  「もらった人は説明責任を果たして辞めてもらわないといけないと思う。」(新日本婦人の会 広島県本部 森真理子会長)  新型コロナウイルス対策のため、4月末から2か月間、臨時会や定例会の続いた県議会は、河井議員夫妻側からの現金の提供をめぐって混乱を極めました。  「何としても広島が全国からカネにまみれた黒い疑惑と見られているのは本当に心外であります。」(広島県議会 中本隆志議長)  中本議長は、報道内容の信ぴょう性を確認するため、タイミングを見ながら「直接、議員に聞きたい」としていて、すでに複数の議員に状況を確認しているといいます。  「何らか逮捕者が出たり、検察当局の手が直接、県議会にかかった場合は、わたしたちは早急に対応策を考えていきます。」(広島県議会 中本隆志議長)

RCC BROADCASTING CO.,LTD.