Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

#STRONGHEARTS×DAMNATION業務提携軍がKO-D6人タッグ王座を防衛しタッグ王座奪取に意欲!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
バトル・ニュース

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、3月28日より、グループ全体で興行活動を自粛しているDDTが、4日、千葉・2AWスクエアで、無観客試合「DDT UNIVERSE LIVE! April fool 2020」を開催し、その模様が「DDT UNIVERS」で生配信された。  メインイベントでは、ダムネーションとストロングハーツの業務提携軍(ダムハーツ)の遠藤哲哉、T-Hawk、エル・リンダマンのKO-D6人タッグ王者チームが、ディザスター・ボックスのHARASHIMA、上野勇希、吉村直巳組の挑戦を受けた。  試合は6人が入り乱れる一進一退の白熱の攻防となったが、最後はリンダマンが上野を捕らえ、ジャーマンから、タイガー・スープレックス・ホールドを決めて3カウントを奪取し、初防衛に成功した。  リンダマンは「このベルトも歴史があって好きだけど、欲張りだから、上野と吉村が持ってるタッグのベルトも狙っていきたい」と、KO―Dタッグ王座獲りにも意欲を見せた。  HARASHIMAは「このメンバーで、また必ずチャンスを得て、ベルトを獲りたい。ボクはまだ6人タッグのベルトは巻いたことないので」と雪辱を期していた。

【関連記事】