Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

今季ブレイクの鎌田、最終節も得点に絡みフル出場! フランクフルトは9位フィニッシュ

配信

ゲキサカ

[6.27 ブンデスリーガ第34節 フランクフルト3-2パダーボルン]  ブンデスリーガは27日、2019-20シーズンの最終節を各地で行った。日本代表MF鎌田大地とMF長谷部誠が所属する9位フランクフルトは最下位パダーボルンに3-2で勝利した。出場停止明けの鎌田はトップ下で先発し、フル出場。長谷部は欠場した。  地力で上回るフランクフルトが幸先良く先手を取った。前半9分、相手のミスから高い位置でMFセバスティアン・ローデにボールが渡ると、ローデはPA手前から右足を一閃。GKの手をかすめたボールがネットを揺らし、先制点。18分にはMFフィリプ・コスティッチの左クロスをFWバス・ドストが落とし、決定的な形から鎌田がシュートを打ったが、これはクロスバーを越えた。  絶好のチャンスを逸したものの、鎌田は2点目に絡んだ。前半34分、鎌田とDFダニー・ダ・コスタがパス交換でPA右の守備網を崩すと、ダコスタのパスを受けたFWアンドレ・シウバが流し込んだ。2-0で前半を折り返し、後半7分にはドストがダメ押しの3点目を挙げた。  鎌田はフル出場したが、最終節で得点は挙げられず。3-2で競り勝ったフランクフルトは2019-20シーズンを9位で終えた。

【関連記事】