Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

WRC:第5戦トルコの日程が変更。1週間の前倒しで9月18~20日開催へ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
オートスポーツweb

 WRC世界ラリー選手権のプロモーターは2020年シーズン第5戦トルコの開催日程を1週間前倒しし、同大会を9月18~20日に実施すると発表した。 【2020年2020年WRC改訂版スケジュール(7月31日版)】  新型コロナウイルス感染症の“パンデミック”をうけ第3戦メキシコ後のシーズン中断の最中に、2020年カレンダーの大幅な変更を行うことになったWRC。ラリー・トルコ改訂版スケジュールのなかでシーズン再開ラウンドとなる第4戦エストニアに続く第5戦に組み込まれ、9月25~27日に行われるものとされていた。  しかし、WRCプロモーターはマルマリスを拠点とするグラベル(未舗装路)ラリーの主催者であるTOSFEDトルコ自動車連盟と協議を重ね、大会実施日を1週間前倒しすることで合意。また、世界選手権を統括するFIA国際自動車連盟の承認を得たアナウンスした。  シリーズは2020年後半に予定されているラリーのイベント数を追加することを目指しており、今回の日程変更はそのチャンスを広げることに繋がるものとなっている。  WRCプロモーターのマネージングディレクターを務めるヨナ・シーベルは、トルコ青少年スポーツ省とTOSFEDがこの変更に同意してくれたことに感謝の意を表した。 「日程の変更は2020年のラリーカレンダーにさらなるイベントを導入したい場合の選択肢を提供してくれる。TOSFEDが世界中のスポーツにとって厳しい時期に柔軟に対応してくれたことにとても感謝している」 「トルコの人気リゾート地であるマルマリスは、ビジネスマンにも観光客にも開放され彼らを歓迎している。競技者やファンは、新型コロナウイルスによるロックダウン後も安心してマルマリスを訪れることが可能だ」 「もちろん、イベントではCOVID-19のプロトコルに基づいて実施される」とシーベルをは付け加えた。 「FIAとWRCプロモーターのガイドラインは、関係者全員とファンがラリーを楽しめる安全な環境を作り出すためにトルコの衛生法に則って適用される」  大会の1週間前倒しに合意したTOSFEのエレン・ウチュルトプラギ代表は「3度目となるWRCをトルコに迎えることができ、大変うれしく思っている」とコメントし、「必要な条件のもとで安全かつ成功したイベントを運営するために必要なことをすべて実施する」と続けている。 Round/Rally/Date 1/モンテカルロ/1月23~26日(終了) 2/スウェーデン/2月13~16日(終了) 3/メキシコ/3月12~15(終了) 4/エストニア/9月4~6日 5/トルコ/9月18~20日 6/ドイツ/10月15~18日 7/イタリア/10月29日~11月1日 8/日本/11月19~22日 [オートスポーツweb ]

【関連記事】