Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

現役復帰のロッベン、初公式戦で負傷交代 フローニンヘン指揮官「このまま引退? わからない」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
超WORLDサッカー!

元オランダ代表FWアリエン・ロッベンの現役復帰戦は前半途中の負傷交代という形で幕を下ろした。 【動画】そこから決めちゃう!?誰もが予想しなかったゼロ角度ゴール Best3 ロッベンを擁するフローニンヘンは13日に行われたエールディビジ開幕節でPSVと対戦。1年間のブランクを経て、今夏に古巣フローニンヘンで電撃的な現役復帰を果たしたロッベンはスタートから出場したが、29分にそ径部の違和感でピッチに座り込み、自らの要求でピッチを後にした。 約1年4カ月ぶりとなる公式戦出場の喜びも束の間、その復帰戦で無念の負傷交代を強いられ、チームも1-3の黒星発進という結果に終わったロッベン。ダニー・バイス監督は試合後、『FOX Sports』で36歳の元オランダ代表ウィンガーについて、こう話した。 「彼と話せていないから、ケガの程度を言うわけにいかない。彼はすぐに帰宅した。わかっているのはそ径部の問題で交代したことだけ。ハーフタイムにはもういなかったから、それ以上のことは何も。ああいう形でピッチを去ったわけだから、最後までここに残らなかったのは理解できる」 また、「非常に悔しい思いをしている」と本人の気持ちを察したダニー・バイス監督は「このまま現役終了か?」と問いただされると、「そうなるかもしれないが、わからない」と返答している。

超WORLDサッカー!

【関連記事】