Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

IGTC:スパ24時間のテストデーはGPXレーシングのポルシェが最速タイムをマーク

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
オートスポーツweb

 2020年は10月22~25日に開催されることになったインターコンチネンタルGTチャレンジ第3戦トタル・スパ24時間のテストデーが9月29~30日に行われ、2日間のテストでGPXレーシングの12号車ポルシェ911 GT3 Rがトップタイムをマークした。 【ブーツェン・ジニオン・レーシングの10号車BMW M6 GT3“アートカー”】  新型コロナウイルスの影響により、2020年は例年の7月から10月末に開催時期が移動することになった伝統のスパ24時間。これに先立ち、2日間のテストデーが行われた。初日午前こそウエットだったスパだが、昼頃からはドライに。2日目は午後から雨が降りはじめた。  そんなコンディションのなか、各チームは例年とは異なる時季でのデータ収集を行ったが、初日夜のセッション3に2分18秒337というタイムをマークしたのは、2019年もこのレースを制したGPXレーシングの12号車ポルシェ。このタイムが2日間の総合トップとなった。  総合で2番手につけたのは、今回のスパ24時間で“アートカー”としてピーター・ハレーがデザインしたカラーリングで登場したブーツェン・ジニオン・レーシングの10号車BMW M6 GT3。イェンス・クリングマンのドライブで2分18秒929を火曜午後のセッション2にマークした。  各セッションの首位はそれぞれ別メーカーのマシンとなり、セッション1はアウディスポーツ・チーム・アテンプト・レーシングの66号車アウディが、2日目のセッション4はSMPレーシングの72号車フェラーリ488 GT3が、セッション5はアッカASPの88号車メルセデスAMG GT3がトップとなった。 [オートスポーツweb ]

【関連記事】