Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

山田美保子氏 山口さんには今度こそ、ちゃんと向き合ってほしい

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
デイリースポーツ

 「山口容疑者」から、「山口元メンバー」「山口さん」という呼ばれ方に。22日の午後から、ニュースもワイドショーもスポーツ紙も、酒気帯び運転容疑で逮捕された山口達也さんの話題で持ち切りだ。 【写真】24日夜、山口達也元メンバーの自宅を家宅捜索する捜査員  私は2006年から2011年まで、枠移動した1本を含め、のべ3本の番組で彼と仕事をしていた。MCとして頭角を現し始めた頃で、この間に彼は結婚し、父親にもなった。アイドル事務所ゆえ、妻子の話題がテレビで扱われることは少なかったが、プライベート映像公開がマストのトークバラエティーで、息子さん二人と水遊びをする様子を見せてもらった。どこから見ても良きパパだった。  が、MCの仕事が増えていくにしたがって、番組ごとの“お付き合い”がどんどん増えていき、飲む機会が増えた気がする。さらに早朝番組を2曜日担当するようになってからは、家族との生活サイクルがズレていったようだ。果たして、離婚。一部で女性の存在がウワサされたが、会見では笑顔で否定するも、酒の飲み方については反省する場面もあった。  とはいえ、記者やカメラマンが会場を後にするまで出入口で見送ったことが“神会見”と言われ、彼の評価は上がっていったものだ。番組の打ち上げで、何度か酒席を共にしたことがある。「何、飲んでるの?」と問われたので、確か「ハイボール」と答えた。すると彼は「焼酎にしたらいいよ。翌日に残らないし、太らないから」と。このときはまだ、ルールにのっとって飲んでいたように見えたのだが、メンバーと一緒のロケ番組などでは、明らかに酒が残っていた日もあったようだ。  そして、2018年の一件と今回の件である。TOKIOの26周年記念日と重ね合わせたり、一部で期待されていたTOKIOへの山口さんの合流を「絶望的」「消滅した」とする報道も少なくない。合流計画がもし本当だったら、予定が大きく狂ったのは間違いないだろう。が、それはTOKIOのメンバーが決めることなのではないか。今回のことで、彼らが山口さんを完全に切り捨ててしまうとは、私にはどうして思えないのである。  いずれにせよ、山口さんには今度こそ、ちゃんと自分と向き合ってほしいものだ。みんなが彼を「山口くん」と呼べる日まで。

【関連記事】