Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

TikTok vs インスタグラム :スキンフルエンサーのヤング・ユー氏「リールにはまだ改善点は多い」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
DIGIDAY[日本版]

スキンフルエンサーのヤング・ユー氏は、(自身の子ども時代の吃音癖に由来する)@yayayayoungというアカウントを通じてTikTokで90万人のフォロワーを集めている。そのユー氏が2020年8月13日、米DIGIDAYの姉妹サイトであるグロッシー(Glossy)のシニアリポーター、リズ・フローラと「インスタグラム・ライブ(Instagram Live)」でリモート対談した。 ユー氏は、ロサンゼルスの自宅からログインし、TikTok禁止がもたらす影響、競合プラットフォームについてのレビュー、TikTokのフォロワー獲得のためのアドバイスを共有してくれた。 ユー氏は何よりもまず、オリジナルであることを強調した。「他人のコンテンツをコピーすることで行き着く先は知れている」とユー氏はいう。会話のハイライトを以下で紹介する(読みやすさを考えて若干の編集を加えてある)。 会話の全容は@GlossycoのIGTVを参照してほしい。 ◆ ◆ ◆

米国内でのTikTok禁止の影響:

「最初(にそれを聞いたとき)は、はったりだと思った。TikTokほどの規模のものを米国で本当に禁止するとなると、世界中で抵抗や抗議行動が起こるだろうから。それをただ禁止するだけなんてことはありえない。何か工夫をしなければならないし、事前に知らせる必要もある。トランプ大統領がTikTokを禁止する大統領令にサインすると言ったとき、私も怖くなって、真剣に対策を考え始めた。トランプ大統領は自分のやりたいことをやりたいようにやる人間だとみんな知っているし、それが本当に彼のやりたいことなら、現実になるだろう。だから私は(TikTokの)投稿で、「私は君たちを失いたくない。インスタグラム(Instagram)で、YouTubeで、私をフォローしてほしい」と書いた。(たちまちのうちに)インスタグラムで2万人のフォロワーを新たに獲得した。だが(いま)、何も起きていないようだ。トランプ大統領のTikTok禁止騒動はまるでオオカミ少年だ。起こるなら起こる。だが起こらないから、私はまだここにいる」。

【関連記事】