Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

現在ならもっと評価? 阪神暗黒期の救世主、台湾の“銀腕エース”郭李建夫/平成助っ人賛歌【プロ野球死亡遊戯】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊ベースボールONLINE

「ライバルは西武の郭泰源」

 先日、甲子園の巨人戦で阪神タイガースのロベルト・スアレスが球速160キロを記録した。  今季は新型コロナウイルスの感染拡大により、外国人選手の出場選手登録枠も4人から5人に増え(ベンチ入りは4人のまま)、助っ人リリーバー勢の活躍も目立つ。テレビでその様子を見ながら、時代は変わったのだと思った。かつて、阪神には「出た!145キロ」と関西スポーツ新聞の1面を飾った投手がいた。90年代に来日した郭李建夫(かくりたてお)だ。えっ155キロでも165キロでもなく145キロで1面って……と思わず真顔で突っ込みたくなるが、郭李は92年バルセロナ五輪で、台湾のエースとして日本代表チームをシャットアウトするなど獅子奮迅の快投で銀メダル獲得に貢献。国民的英雄となった23歳の“銀腕投手”には、巨人、中日、西武に加え、米大リーグのドジャースとブルージェイズからも誘いがあったという。  そんな中、4年間にもわたり自身を追い続けた阪神入りを決断。1993年(平成5年)、Jリーグ開幕でサッカー界はゲーリー・リネカーやピエール・リトバルスキーといった大物サッカー選手たちが続々と来日したが、野球界の注目助っ人は虎の新エースを期待された郭李である。春季キャンプのブルペンで球速140キロ台を出しただけで、デイリースポーツはトップニュースで報じ、「ライバルは西武の郭泰源」と書き立てた。  身長185センチ、体重95キロのパワーピッチャー。アマ時代は、「分かっていても打てないフォーク」(山中正竹・全日本代表監督)と恐れられたが、プロのシート打撃でその伝家の宝刀フォークボールを投げると、中村勝広監督は「絶品だ!」なんつって驚愕。打者の関川浩一まで「佐々木(横浜)より凄いですよ」なんて大げさに脱帽してみせた。3月17日のオープン戦初登板の巨人戦では、ルーキー・松井秀喜から三振を奪うなどフォークやスライダーが冴え3回1安打無失点の好投を見せる。

【関連記事】