Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

拉致問題題材映画「めぐみへの誓い」完成披露試写会…原田大二郎「北朝鮮に届けば」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
スポーツ報知

 俳優の原田大二郎(76)が24日、都内で北朝鮮による拉致事件を題材にした映画「めぐみへの誓い」(野伏翔監督)の完成披露試写会に出席した。  1977年に拉致された横田めぐみさん(当時13歳)の父で6月5日に死去した横田滋さん(享年87)を演じた原田は「試写を見て感動しました。この映画がアカデミー賞を取れると、いいんだけどね。ニューヨークなんかで話題になって、それが北朝鮮に届けば。この映画をきっかけに拉致問題解決へ一歩、近付けていきたい」と起爆剤として期待した。  拉致実行犯を演じた大鶴義丹(52)は「こんなに悪い役は初めて。戦後最大の悪役ですよね。最初、お話をいただいて、たじろいだ」と語った。今月末から全国で試写会を行い、来年2月頃の劇場公開とネット配信を予定している。

報知新聞社

【関連記事】