Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ダイエッターも注目する小麦粉の代替食材「サイリウム」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ウィメンズヘルス

もともとは、炭水化物の摂取量を極端におさえる「ケトジェニックダイエット」の実践者の間で小麦粉の代替食材として流行り始め、今では日本でもダイエットに関心がある人を中心に浸透してきた「サイリウム(サイリウムハスク)」。最近では「サイリウムわらび餅」も話題だが、そもそもサイリウムって何なの? そのメリットとデメリット、おすすめの使い方もご紹介。

サイリウムハスクとは?

サイリウムハスクは、オオバコ属のプランタゴ・オバタ(英名:サイリウム)という植物の種子の殻(ハスク)を粉末状にしたもの。『The Low Carb Dietitian's Guide』の筆者で公認管理栄養士のフランチェスカ・スプリッツラーによると、サイリウムは東南アジアや西アジアに生息するのが一般的。 このサイリウムの殻には水溶性食物繊維がたっぷり含まれており、パウダー状にすると、大さじ1/2杯で4gもの食物繊維が摂取できる。そのため、サイリウムハスクは、水溶性食物繊維の力で便通を促進する下剤に有効成分として配合されることもある。またスプリッツラーによると、サイリウムハスクは、血糖値と血中コレステロール値を下げるのにも役立つ。

サイリウムハスクが低糖質ダイエットに役立つ理由

サイリウムハスクは、低糖質対応のパンやピザなど、オーブンを使う料理に必須の食材。 その理由は、サイリウムハスクには消化される糖質がほとんど含まれていないため(=含まれているのは、ほとんどが消化されない食物繊維だということ)。パンやピザ生地、マフィンなどにサイリウムハスクを使うと、パンと似た質感になり、生地が扱いやすくなるというのも人気の理由。もちろん、グルテンフリーの代替品が従来の食品と同じだけ美味しいとは限らないけれど、低糖質ダイエット中もパンやピザを食べたい人には、使わない手はない。

サイリウムハスクのデメリットは?

スプリッツラーによれば、サイリウムハスクは概して安全だけれど、少しずつ食生活に加え、体を慣らしていくのが得策。また、サイリウムハスクに限らず、食物繊維が豊富な食品を摂取するときは、便秘や腸閉塞を防ぐために水をたっぷり飲むこと。 ケトン体ダイエット中の人はもちろん、低糖質ダイエットによる便秘に悩んでいる人も「サイリウムハスク」をチェックしてみては?

サイリウムわらび餅の作り方

【材料】 ・サイリウム 5g ・ラカントSなどの糖質オフの甘味料 15~20g程度 ・水150cc 【作り方】 すべての材料を鍋に入れて火にかけ、2,3分混ぜながら溶けたら、深さがある容器に流し込んで冷蔵庫で冷やし固める。食べるときに、きなこ(分量外)や糖質オフのシロップをかければわらび餅のような味に! ※この記事は、アメリカ版ウィメンズヘルスの記事をもとに加筆したものです。

【関連記事】