Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

山田哲人、柳田悠岐、斎藤佑樹……明暗分かれた「プロ10年目の選手」たち

配信

週刊ベースボールONLINE

 2010年のドラフトは大豊作だった。ヤクルト・山田哲人、ソフトバンク・柳田悠岐、西武・秋山翔吾(現MLBレッズ)、牧田和久(現楽天)、育成枠ではソフトバンク・千賀滉大、甲斐拓也、牧原大成が入団している。ただ彼らは当時のドラフトで主役として騒がれていたわけではなかった。マスコミから去就が注目されていたのはいずれも1位指名された「早大トリオ」の斎藤佑樹、大石達也、福井優也。だが、大石は昨年限りで現役引退し、斎藤、福井は思い描いたような活躍ができていない。あのドラフトから10年の月日が経った。各球団の指名選手を見てみよう。 斎藤佑樹、田中正義、安楽智大……崖っぷちに追い込まれた「ドラ1右腕」たち

・西武 1位 大石達也(早大) 2位 牧田和久(日本通運) 3位 秋山翔吾(八戸大) 4位 前川恭兵(阪南大高) 5位 林崎遼(東洋大) 6位 熊代聖人(王子製紙)  大石は6球団が競合したが、当時の渡辺久信監督が交渉権を引き当てた。球界を代表するエースとして期待されたが度重なる故障に苦しみ昨季限りで現役引退。ただ2位で牧田、3位で秋山を獲得し、球界を代表する選手に成長した。

・ソフトバンク 1位 山下斐紹(習志野高) 2位 柳田悠岐(広島経大) 3位 南貴樹(浦和学院高) 4位 星野大地(岡山東商高) 5位 坂田将人(祐誠高) ※育成指名 1位 安田圭佑(高知ファイティングドッグス) 2位 中原大樹(鹿児島城西高) 3位 伊藤大智郎(誉高) 4位 千賀滉大(蒲郡高) 5位 牧原大成(熊本・城北高) 6位 甲斐拓也(楊志館高)  西武と同様にこのドラフトで大成功したのがソフトバンクだった。2位で柳田を引き当て、育成枠で千賀、甲斐、牧原と現在の主力になる選手たちの獲得に成功。柳田、千賀、甲斐は侍ジャパンでも不可欠な存在になり、来年開催予定の東京五輪でも活躍が期待される。

・楽天 1位 塩見貴洋(八戸大) 2位 美馬学(東京ガス) 3位 阿部俊人(東北福祉大) 4位 榎本葵(九州国際大付高) 5位 勧野甲輝(PL学園高) ※育成選手 1位 加藤貴大(富山サンダーバーズ) 2位 木村謙吾(仙台育英高) 3位 川口隼人(滋賀・高島ベースボールクラブ)  大石の「外れ1位」で塩見を獲得。1年目の9勝が自己最多で、2年目以降は腰痛などに苦しんでいる。2位の美馬は先発ローテーションで稼働し、17年には11勝をマーク。昨オフにロッテへFA移籍した。

【関連記事】