Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【株主優待】すかいらーく等、8月下旬~9月上旬に「変更・廃止」が発表された4銘柄

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
マネーの達人

新型コロナが社会に及ぼす影響は大きなものですが、企業業績、優待株にも多大な影響を与えております。 今回は、8月下旬から9月上旬に企業からリリースされた、株主優待に関する情報をまとめました。 株価その他の情報は9/11終値時点でのYahoo!ファイナンスから引用しています。

1. 優待改悪「すかいらーくホールディングス (3197)」

9月10日に「すかいらーくホールディングス (3197)」より、株主優待の変更が発表されました。 「すかいらーくホールディングス」は「ガスト」、「バーミヤン」、「夢庵」などの和洋中さまざまなジャンルのブランドを持つファミレスチェーンです。 株主優待の変更内容とは優待券金額の減額であり、100株保有の場合には、現行で年間6000円相当を頂けていたのが年間4000円相当に減ります。 とりわけ300株以上保有する株主にとっては減額の割合が大きく、それぞれの年間での優待金額は 300~499株:現行2万円 → 1万円 500~999株:現行3万3000円 → 1万6000円 1000株~:現行6万9000円 → 3万4000円 といったようにほぼ半減するため、今回の優待変更では保有株数の多い株主の方がより影響大だったかもしれません。 100株保有の場合には年間4000円に減額されるものの、優待利回りは約2.6%であるため、優待のみの利回りとしてはまだ悪くないと思います。 現在無配なので、今後の配当の状況でまたお得度が変わってきます。 コロナ禍により外食産業は大変に厳しい状況にさらされるなか、「すかいらーくホールディングス」も2020年上半期の業績は営業赤字となり、配当の復活も不透明です。 コロナ禍以前も「すかいらーくホールディングス」の株主優待の動向については、数年前に投資ファンドがすかいらーく株を売却した頃から注目を集めるところでした。 以前の決算報告でも「株主優待はコスト」として挙げられていました。 そういった経緯もあり、優待変更については「とうとう来たか」という印象です。 筆者の予想では「クロス取引対策で長期保有の条件がつくのでは」と思っていましたが外れました。 そもそも長期で保有する株主が多いのかもしれません。 300株以上保有の場合の減額率が大きいのも、500株、1000株と株式を取得し、優待を受ける株主が多かったのかもしれません。 それだけ「すかいらーく」グループのお店が全国津々浦々にあり、使い勝手がよく利用価値の大きい優待だと言えるのかもしれません。 唐揚げやカフェなどの専門店には客が戻ってきているそうなので、テイクアウトの強化などとともに業績の回復を待ちたいところです。 株価は9月10日終値1684円から、翌9月11日終値1521円と9%以上値下がりしてしまいましたが、今後はどう動いていくのか気になります。 ■すかいらーくホールディングス (3197) 【株価】1521円 【最低購入代金(100株)】15万2100円 【権利日】6月末日・12月末日 ■□株主優待□□ 優待カード(税込価格より、額面の範囲で500円単位で割引) 【300株以上】5000円分 【500株以上】8000円分 【1000株以上】1万7000円分

【関連記事】