Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

全作詞を手掛け、映像・衣装もプロデュース 〈和田彩花ライブ「2020 延期の延期の延期」〉開催

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
CDジャーナル

 8月1日(土)に26歳の誕生日を迎えた和田彩花が、同日8月1日に〈和田彩花ライブ「2020 延期の延期の延期」〉を開催、オフィシャル・レポートが届いています。新型コロナウィルス感染拡大防止のため、2月から3月にかけて予定していた初のソロ・ツアー〈和田彩花ライブツアー前2021 -この気持ちの先にあるものはなに?-〉の開催が、初日の愛知・名古屋公演をのぞいてすべて延期・中止となっていましたが、自身の誕生日に東京・お台場 ZEPP TOKYOで開催されました。披露された楽曲はすべて自身の作詞で、本編中の映像も衣装も、和田彩花によるプロデュースとなります。 [オフィシャル・レポート]  和田彩花が、8月1日(土)に東京・Zepp Tokyoでワンマンライヴ『和田彩花 2020 延期の延期の延期』を開催した。和田は、本来であれば2月から3月にかけて初のソロツアーを開催する予定だった。初日の愛知・Zepp Nagoyaは開催できたものの、新型コロナウイルスの影響でその後の大阪公演は中止、東京公演は延期となった。本公演は、タイトルにもあるように3回の延期の末に実現した東京でのソロ初ワンマンライヴ。そして、ライヴ当日の8月1日は和田の26歳の誕生日となる。新型コロナウィルス感染拡大防止を考慮し、キャパシティー2800人の会場に400人の観客を動員。またライヴの模様は、uP!!!オンラインライヴで有料配信され、全国のファンが和田のステージを観覧した。  和田はバンドメンバーとともにステージに登場すると、オープニングのインスト曲に続けてフランス語詞の「Une idole」を歌唱しライヴをスタート。透明度の高いミディアムポップチューンで、観客は一気に彼女の世界観に引き込まれていった。そして、「少しの寂しさとともに」では切ないメロディをうねりのあるサウンドを届けていく。かわいらしさと強さを合わせ持つ和田のヴォーカルが、タイトかつしなやかな演奏と合わさってエモーショナルな音楽となって観客の心を掴んでいく。観客は、歓声の代わりに和田へ熱い拍手を送った。  今回のライヴで披露される楽曲は、全て彼女が作詞を担当したもの。公演自体も、和田のセルフプロデュースである。彼女とともに音楽を届けていくバンドメンバーは、あらかじめ決められた恋人たちへの劔 樹人がベース兼バンマス、ギターは同じくあら恋のオータケコーハン、キーボードはVOLA & THE ORIENTAL MACHINEの楢原英介、ドラムはコレサワのサポートメンバーのUという強力な布陣だ。  アンビエントなサウンドに乗せて、和田はポエトリーリーディングを行う。「もう、抵抗のためだけに仕事が一番だなんて示す必要はないし、私生活がないかのような態度を示す必要もない。複雑な思いを一旦吐き出し、表現できる場と環境を大切にする姿勢を貫くことが彼女には必要で、“今日は誕生日だから、仕事が終わったら早く帰る。”そう口にすることも必要だ」という詩は、現在の彼女のスタンスを表す言葉ように感じられた。  ステージの大きなスクリーンに映し出されるほとんどの映像は、本人が撮影を行ったもの。このライブヴでは、音楽と映像のマッチングが絶妙だった。モノクロの首都高の映像とともに披露されたシティポップフレイバーの「空を遮る首都高速」は、ゾクゾクする高揚感を感じられた。メロウなサウンドの「ホットラテ」は、彼女が制作したMVとともに演奏が行われる。温かいメロディに乗る歌詞は、個々の価値観を認め合う思いが歌われている。コーヒーとミルクという別々の飲み物が混ざり合い、新たな美味しい飲み物が生まれることと同じだよという彼女のメッセージが、映像と生の歌と演奏でより鮮明に伝わってきた。  ブレイクを挟んで、ドゥルッティ・コラムのようなディレイのギターサウンドから始まるのは「それでも愛を信じるのは」。愛することをテーマにしたこの楽曲は、キーボードの楢原がバイオリンを奏でトラッドミュージックとして届けられた。淡々としたイントロから徐々にテンポがアップしていく「スターチス」は、静と動が交差するミッドポップチューン。和田から投げかけられる様々なタイプの楽曲を、観客は真正面から受け止め、曲が終わるごとに大きな拍手で応えた。  ここからライヴはさらに深みを増していく。日本のジェンダーギャップ世界指数に対しての思いを綴った「121位」は、グルーミーなヴォーカル、ダビーなサウンドが凄まじい迫力だ。真っ赤な背景の中で歌われるヘヴィなナンバー「オリーブをくわえた鳩が飛ぶ日には」では、混沌とした思いを表すかのように和田が激しく踊る。スクリーンが青一面に染まって披露されたのは「マリッジブルー」。オータケが鉄琴、劔がコントラバスを演奏。まどろみ感のあるサウンドは後半熱を帯びていき、バイオリンのソロからまたひとつ違う世界へと誘って行く。これは私見だが、ふとデレク・ジャーマンの映画『BLUE ブルー』を想起してしまった。ライヴの雰囲気をチェンジするかのように「届けられたのは無題」。アップテンポのサウンドで、和田は音と一体化したダンスを見せた。  VTRを挟んでからのライヴ後半戦は、悲しみを乗り越えていく思いを力強い歌で伝える「For me and you」、運命の巡り合わせを歌う疾走感溢れるナンバー「あれは運命的な出来事」を披露。「この気持ちの行く先に」では、様々な意見がある人間同士だが、いつかは分かり合って未来を作っていきたいという歌詞を、和田は熱い思いを吐き出すように言葉に感情をしっかりと込めて歌っていく。そして、ミディアムチューン「あなたが選んだものあなたが選ぶもの」が披露された。人それぞれの選択を尊重していこうというメッセージを温かいメロディで歌唱する和田。広がりのある歌と演奏には、大きな愛で包み込んでいくような力強さを感じ取れた。優しさと強さのこもったドラマチックな世界観が会場に響くと、観客はこれまで以上の大きな拍手を送った。  笑顔の和田は「短い時間でしたがありがとうございました」とシンプルな言葉で観客に感謝を伝える。そして繊細なピアノの音色から、あなたという存在の大切さを歌う「#15」が届けられた。続けてギターのアルペジオがループしていき、オープニングで演奏されたインスト曲に歌詞が乗った「エピローグ」が披露される。優しさに溢れたヴォーカルとサウンドが会場を包むと、最後には会場の上空にある花のロープが観客の頭上の近くまで降りてきた。以前から和田は、「ステージと客席の境目を無くしたい」という思いを公言していた。だが、コロナ禍でそれを実現するのは難しい現状。そこで彼女は自分の気持ちを、演者と観客をつなぐ花の架け橋として表現したのだ。和田はピースな思いをしっかりと観客に伝えて、ライヴは終了となった。  昨年8月1日にソロのキャリアをスタートした和田彩花。このライヴは、ハロー!プロジェクトから卒業し、全て1から学び築き上げてきた1年間の集大成的な内容だった。音楽的にはオルタナティブミュージックと言っていい楽曲ばかりだが、彼女の中に一定のジャンルを狙おうといった意図は全くない。自分の思いのアウトプットの形が、結果的に現在のスタイルになったのだ。ライヴの演出にしても、例えるなら、やりたいことをやってみたら自然とコーネリアスに相通じる雰囲気になったというのがとても面白い。自身が今感じる思いを音楽として届ける。シンプルでありながらとても難しい作業を、ひとつずつクリアしながらたどり着いたZepp Tokyoワンマン。彼女の成長と未知なる可能性を感じられる濃密な時間だった。さらなる進化を遂げていく、和田彩花のこれからの活躍を大いに期待したい。

【関連記事】