Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

甲子園で特大本塁打を放った瀬間仲ノルベルト。現在はブラジル料理店オーナー/パンチ佐藤の漢の背中!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊ベースボールONLINE

甲子園でホームランを打ち、中日に入団。一軍公式戦出場は叶わなかったが、名前を覚えているファンは多いのではないか。ブラジル出身の瀬間仲ノルベルトさんは現在、ブラジル人が多く住む群馬県大泉町で、一番大きいブラジル料理店のオーナーを務めている。「外国」でセカンドキャリアを積む瀬間仲さんを、パンチさんが訪ねた。 ※『ベースボールマガジン』2020年5月号より転載

国技・サッカーより野球に魅せられた

 宮崎代表・日章学園高の四番打者として、第84回(2002年)全国高校野球選手権大会に出場した瀬間仲さん。初戦(2回戦)の興誠(静岡代表)戦、8回裏に放った同点2ランは、打った瞬間それと分かる、豪快な当たりだった。 「あのときは、僕も見ていて度肝を抜かれました」というパンチさんが群馬のブラジリアンタウン・大泉に、瀬間仲さんを訪ねた。 パンチ 瀬間仲君はブラジル出身でしょう。ブラジルといえば、サッカーがNo.1スポーツ。なぜ野球をやろうと思ったんですか。 瀬間仲 僕の父も野球をやっていて、自分では覚えていないんですけど、ものすごく小さいころに練習試合を見に連れて行ってもらったんです。そこで初めて野球を見て、ずっと自分もやりたい、やりたいとうるさいぐらいに言っていたそうです。サッカーは正直、あまり興味がなかったですね。 パンチ 地元に少年野球チームがあったんだ? 瀬間仲 サッカーはブラジルの国技ですが、野球は日系移民がブラジルに持ってきたスポーツだったんです。だから野球人口も少なくて、日本のように学校ごとにチームはなく1つの町に1チーム、という感じ。僕はトゥパンという町のチームの一員でした。 パンチ なぜ野球だったんだろう。 瀬間仲 野球はサッカーや他のスポーツに比べると、マナーなどちょっと厳しかったんです。悪い言葉を使ってはいけない、とか。サッカーはそれがなくて、試合中でも平気で「お前、このやろー!」(笑)。自分はそういうところがあまり合いませんでした。 パンチ その地元のチームから、ヤクルトのアカデミーに入ったんだ。 瀬間仲 日本に来る前の1カ月間、アカデミーで練習しなさいと集められました。でも、プロに入ったらなぜか「アカデミー卒業生」という経歴だけが書かれて、前に所属していたチームの名前が出なくなって……。 パンチ 何か大人の事情が働いたのかなあ。前のチームとしては、面白くないよね。 瀬間仲 地元のチームがなくなったため、サンパウロのチームに入れてもらっていたんです。アパートを寮として借りてくれて、無償で野球をやらせていただきました。本当にお世話になったので、申し訳なかったですね。一時はそのチームとの関係も悪くなってしまいました。 パンチ それは残念だね。今は分かってくれているの? 瀬間仲 自分が直接行って、説明しました。信じてもらえるかもらえないかは、向こうの判断ですね。 パンチ 本当のことは、最後にはちゃんと分かるものだよ。宮崎の日章学園にはどんな縁で入学したの? 瀬間仲 ブラジル代表として日本で開かれた大会に出場したとき、日章学園の関係者が見て、魅力を感じたそうで、誘っていただきました。 パンチ 甲子園を目指すのはもちろんだけど、そのころからプロ野球を目指していたんですか? 瀬間仲 はい、小さいころからの夢でした。それに道具も輸入物しかないので、ブラジルで野球をやるにはお金がかかるんです。両親が経済的に頑張って、自分のやりたいこともやらないで応援してくれたおかげで、ずっと野球を続けることができました。だからプロ野球選手になるのは自分の夢だけでなく、家族の夢でもありました。 パンチ プロに行くためには、高校でどこを鍛えなきゃいけないと思った? 瀬間仲 体を鍛えることと、バッティングですね。当時、自分の頭の中ではバッティングでアピールしなければチャンスはないかなと思っていました。

【関連記事】