Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

警官の自虐ネタがTikTokで人気、当事者たちはBLMとどう向き合う?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Rolling Stone Japan

ここ数週間、TikTokアカウント「@OfficerCortes」で特に反響が大きかった動画は、「警官の仕事をどう思いますか?」という質問に警官本人が答えるというものだった。 【動画】FOXニュースの白人司会者、黒人の出演者が人種差別問題を語りはじめた途端に大声で遮る 「この仕事は好きです。大好きというほどではありませんが」と、彼は映画『怪盗グルー』シリーズのグルーの声に合わせて口パクで答える。すると画面は燃え盛る炎をバックに当惑するコルテス警官のショットに切り替わる。「5月、6月の警官」という見出しが現れ、「こんな仕事いやだ」と口パクする。 コルテス巡査は(ファーストネームは明かさず)モンタナの小さな町に勤務する27歳のパトロール警察官。えくぼに青い瞳、クルーカットの髪形は、さながら女子中学生がテイラー・スウィフトの歌詞にのせてノートに落書きする少年、といった風情だ。本人もすんなり認めているが、おそらくたった1カ月半で17万2000人以上のフォロワーを獲得できたのもそのおかげだろう。しかもフォロワーの約70%は女性だ。「みんな『どうすれば、車を寄せなさいと言ってもらえますか?』なんてことを言うんですよ」と、当惑気味の口調で(だが実際はまんざらでもないという感じで)彼は言った。 だが、コルテス巡査がこれだけのフォロワーを獲得できたのは、外見のせいだけではない。彼のアカウントは「Cop TikTok」というサブジャンルのいい例だ。彼はこの職業について回る固定概念をやんわりネタにして、より人間味あふれるポジティブな警官のイメージを広めようとしている。ジョージ・フロイドさん事件の抗議デモとBlack Lives Matter運動に照らし合わせれば、間違いなく不可能に近い。 「Cop TikTok」にはコルテス巡査のような、小さな町の若いイケメン警官であふれかえっている。警察の自虐コンテンツをまとめた動画がYouTubeにあがるほど、確立したジャンルなのだ。「警察官には空き時間がたっぷりあるんです」。ジャクソンビル州立大学で刑事司法を教えるリチャード・カニア教授はこう言って、警察官が同プラットフォームに惹かれる理由を説明してくれた。「パトカーから出るわけにもいきませんし、息抜きにブラブラ散歩するわけにもいきません。持っているのはボディカムと携帯電話だけ。(TikTokは)暇つぶしにはちょうどいいんですよ」。ソーシャルメディアでの悪ふざけを上司が認めるかどうかは部署によって全く異なるようだ。コルテス巡査いわく、TikTokでのおふざけを「悪く言う警官もいる」が、彼の部署ではソーシャルメディアへの顔出しをはっきり禁止してはいない。もっとも、上司に面と向かって相談したわけではないが。

【関連記事】