Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

マリンレジャーの季節、海の事故多発! 目を光らせる第5管区海上保安本部

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ラジトピ ラジオ関西トピックス

 夏本番を迎えマリンレジャーが盛んになる季節、各地で海の事故が相次いで発生している。 神戸を拠点とする第5管区海上保安本部(兵庫、大阪、高知など主に瀬戸内海に面した7府県を管轄)によると、「海の日」や「スポーツの日」を含んだ4連休中(7月23日~27日)にも大阪湾から瀬戸内海にかけてマリンレジャーにともなう海難事故が4件5隻(けが人は5人)。神戸、姫路、大阪の各海上保安部(大阪は保安監部)が事故防止の徹底を図る。  4連休中の事故はいずれも「夏の海」で起きる典型的なもの。 ■海中転落(兵庫・明石沖)  7月23日(木)午前10時30分ごろ、明石市魚住町中尾(海岸線から約700メートル沖合)で、ミニボートに乗っていた男性が釣りを終え帰港中、航走中の船体が揺れたためバランスを崩し海中転落。男性はその30分後、付近を航行していた水上オートバイに救助された。男性は右腕に軽傷。 ■ミニボート運行不能に(大阪・岬町沖)  7月24日(金) 午前5時30分ごろ、大阪府泉南郡岬町小島 「小島とっとパーク」沖約1.4キロ先の海上で釣りをしていた男性2人乗りミニボートが、機関故障を起こし航行不能に。救助要請の118番通報(※)があった。約3時間半後、救助のため出動した巡視艇が現場に到着して救助。いずれもけがはなかった。風が出てきたので帰るため航行しようとしたところ船外機に異音が生じ、プロペラが回転せず航行できない状況になったという。機関とプロペラの間にある遊転ピンが外れ、機関の出力がプロペラに伝達されなくなったことが原因とみられる。 ※118番通報…海上保安庁が運用する海上での事件・事故の緊急通報用電話番号。警察の110番や消防の119番のように、覚えやすい局番なしの3ケタとした(2000年5月1日開始)。 ■海中転落(兵庫・須磨沖)  7月26日(日)午前4時前、自転車で神戸市須磨区の千森川河口の突堤を訪れた男性が釣り場に向かって移動中、他の釣り客に気を取られ、自身が須磨浦海岸(須磨区須磨浦通)の南側突堤先端まで移動したことに気付かず、自転車に乗ったままの状態で海中転落。付近の釣り人の男性2人が110番通報して男性を救助。  第5管区海上保安本部によると、2020年(1月1日~7月30日)の人身事故のうち、自殺などを除く海中転落者数は24人(前年同期比-8人)、船舶事故のうち「運航不能」に分類されるものは34隻 (前年同期比-8隻)。新型コロナウイルス感染拡大防止のための外出自粛要請もあり減少傾向だったとはいえ、近畿・四国が梅雨明けし、夏の解放感や気のゆるみから8月~9月にかけて事故が多発する恐れがあり、プレジャーボート運航者、遊泳者、釣り人、サーファーなどに向けて安全指導・啓発を実施する。 ■今年の夏は静かな海、そこに落とし穴  今年は新型コロナウイルス対策の影響で開設されない海水浴場が多数あり、 第5管区海上保安本部管内の近畿・四国の海水浴場70か所のうち41か所が開設されないという。  開設されていない海水浴場や海浜での遊泳は、監視員等の不在による遊泳者の溺水事故などのほか、航行する水上オートバイと遊泳者との接触事故の増加が懸念されるため神戸、姫路、大阪の各海上保安部(大阪は保安監部)が巡視艇を派遣するなどして警戒に当たる。

ラジオ関西

【関連記事】